世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

ホンダ CB200

   


ブリュッセルのオートワールドに
展示されていたホンダ CB200。

多少のサビはありましたが
さすが博物館に展示されて
いるだけあり

全体的にピカピカで
まだまだ乗れる感じです。

CB200は主に海外に
輸出されたモデルのようですが

日本の中古車サイトでも
ヒットします。

ただ、価格は50万円前後のため
あと少し足せば、

性能も良くて維持も簡単な
最新のCBを買えるので

この時代のCBを買うのは
相当思い入れがないと
難しいかも?

ちなみに、このCB200
博物館の解説では

1959-1964年製造
2気筒124ccエンジン

と記載されていましたが
なんとなくですが

年代も排気量も間違っている
気がします。

少なくとも70年代のバイクで
排気量もCB200の型番からして

200ccだと思うんですが、、、
まあ細かい事はさておき

これくらいの年代のバイクなら
見た感じ操作方法は

今のバイクと同じっなので
手元に何に使うのか

よく分からない
レバーが沢山付いている

クラシックバイクと違って
簡単に運転できそうです。

また、デザインにしても
既に完成されているというか

40年以上経過した現在でも
そんなに古さを感じません。

長年大事に乗るのなら、
10年もしたらデザイン的に

古さを感じる
高性能スポーツバイクよりも

こういったネイキッドの方が
良さそうですね。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

 - ベルギー

スポンサード リンク

  関連記事

デトロイト・エレクトリックの1916年製 電気自動車

現在、電気自動車の普及に向けて いろいろな取り組みがされていますが 実は、電気自 …

ブリュッセルの聖メアリー・マグダレン教会

ベルギーの主都である ブリュッセルにある 聖メアリー・マグダレン教会。 13世紀 …

ベルギー南部の町デュルビュイ

ベルギー南部にある のどかな田舎町デュルビュイ。 この町は現地の人たちに人気なの …

ベルギーのゲントにある鐘楼と繊維ホール

非常時に軍隊を 招集するために 1300年頃に建てられたと 言われている鐘楼。 …

ブルージュの公文書館 Oude Civiele Griffie

1537年に建てられた ルネッサンス様式の こちらの建物ですが 公文書館になりま …

ディナンのノートルダム教会

ムーズ川沿いにある ディナンという町。 のどかな印象ですが、 歴史的に見ると 悲 …

キャデラック シリーズ62 コンバーチブル

アメリカの自動車メーカーである ゼネラルモーターズが展開する キャデラック。 そ …

Frans Duquesnoyのレリーフ

この作品は、ローマの詩人 ヴァージル(紀元前70年から紀元後19年) によって語 …

アントワープのネロとパトラッシュのモニュメント

フランダースの犬の 最後のシーンで、 ネロが見たルーベンスの 絵画が展示されてい …

ベルギーのゲントにある大肉市場

レイエ川に沿って建つ 中世の大肉市場。 1406年から1410年に かけて建てら …