世界遺産巡り 海外旅行写真集

約30ヵ国を旅して撮影してきた写真を配信しています! 毎日更新!! since 2007/10/20

*

ミュンヘンの新市庁舎とマリエン広場

   

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`evernote` not found]

DSC01377多くの観光客が行き交い
ミュンヘンの中心部とも言えるのが
新市庁舎のある、ここマリエン広場。

クリスマスの時期は、この広場で
クリスマスマーケットも開催されます。

広場に堂々とそびえ立つネオゴシック様式の
新市庁舎は、1867年~1909年に建てられた
ものになります。

DSC01335この新市庁舎ですが、
夜はライトアップされて
建物が光輝くことで

昼間とは、また別物というか
違った雰囲気になります。

DSC01376中央の塔には時計が設置されていますが
これは、ドイツ最大の仕掛け時計として有名。

DSC01477「グロッケンシュピール」

と呼ばれる仕掛け時計ですが

毎日11:00と12:00
(3~10月は17:00も)

*聖金曜日、諸聖人の日を除く

に、約10分間の間、等身大の
人形が動き出します。

これにはきちんと意味があって、
1568年のバイエルン大公の
結婚式の祝祭絵巻を再現しています。

ビール樽職人の踊り
騎士の馬上槍試合

などが展開され、騎士が倒れる
シーンなども表現され、結構凝った内容です。

DSC01377塔の高さは85m。

塔にはエレベーターで昇ることが
できるので、行ってみることにしました。

DSC01362まずは、このエレベーターで
4階まで行く形となります。

ここではお金は払いません。

DSC01487この建物、現在も市庁舎として使用
されているのか、中は現代風で

観光客以外にも、職員の方っぽい人も
歩いており、一瞬、ここで間違いないのか
入っていいのか戸惑ってしまいますが

4階から、今度は展望部分に行くための
有料エレベーターがあって、

ここでお金を払って、市庁舎の塔に
昇ることができます。

DSC01479市庁舎の塔からの眺め。

目の前にはフラウエン教会が見えます。

本当は、あの教会の塔や、内部の見学も
したかったんですが、ご覧のように修復中で
中に入ることができませんでした。

写真でも伝わると思いますが、
あちらの塔の方が、15mほど高いです。

DSC01485旧市庁舎や聖霊教会が見えます。

DSC01486テアティーナ教会は黄色いので
一番目立ちますね。

あと、写真中央から左側の
遠方にBMWの本社ビルが見えます。

DSC01481ズームで撮影してみました。

ちなみにBMWのビルの写真ですが
ペーター教会の塔からも撮影しました。

DSC01482こちらが、そのペーター教会。

DSC01483向こうの方が、市庁舎の塔の展望部分よりも
若干高い場所に位置しています。

DSC01376塔は、学生の修学旅行などと被ると
混雑して大変ですが

その場合は時間をずらすなどして
対処すれば大丈夫です。

ミュンヘンに来たからには
足を運ぶべきオススメのスポットです。

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ニュルンベルクのショッピングエリア「カロリーネン通り」
ハイデルベルクの騎士の家 ツム・リッター・ザンクト・ゲオルク
コブレンツのエーレンブライトシュタイン城塞
ローテンブルクの肉館・舞踏館とヤークストハイマーハウス
ハイデルベルク城の大樽棟にあるペルケオの像
マイセンの老舗カフェ「ツィーガー」
ミュンヘンのレジテンツ宝物館
ノイシュバンシュタイン城
ミュンヘンのバイエルン州立歌劇場
ニュルンベルクのフラウエントーア塔