世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

ツヴィンガー宮殿の陶磁器コレクション

   


DSC09304ツヴィンガー宮殿内には、
3つの博物館がありますが

ここは陶磁器コレクション館に
なります。

DSC09305ここには、アウグスト大公が集めた
18~19世紀の日本や中国の陶磁器から

DSC09311マイセンの陶磁器など
数々の名品が展示されています。

しかし、こんな巨大で立派な
マイセンは初めて見ました。

現行品の小さなマイセンの
置物でも100万円は超えるので

アンティーク品として
歴史的価値もあり

さらに!!

これだけ大きな作品だと
500万円以上は値が付きそうな
感じもします。

DSC09313マイセンのドラゴンシリーズ。

現在でも、購入可能な
デザインの一つ。

DSC09306地震大国日本では、
こんな展示の方法は
絶対できない?

DSC09308

DSC09307未塗装の白磁コーナーも
見ごたえあり。

何点かはヒビが入ってましたが
古いものだし仕方ない。

DSC09310完品状態で現代まで伝えるのは
やはり難しいのか

この作品に関しても写真でも分かる
くらいのヒビが入ってました。

DSC09316

DSC09317

DSC09315今のマイセンと比べると
髪の書き方や表情が

雑な感じがしたのでパッと見は、
マイセン風の人形に思えたんですが

(たまに博物館でもマイセン風の
人形を展示してある場所があります。)

マイセンの町に近い
アウグスト大公が集めた作品を

展示している陶磁器コレクション館で
展示されているということは
マイセンの本物に違いない?

土台がガラス張りなら
下から覗いて

せめて刀剣マークの
有無だけでもチェックを

したかったんんですが
残念ながらできませんでした。

もっと数多くの
作品を見て目を養わないと

マイセン人形は奥が深くて
理解が難しいですね。

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

ライン川とモーゼル川の合流点ドイチェス・エック

左側がモーゼル川 右側がライン川 この二つの川が合流する地点に 突き出た三角の先 …

バイエルン王ルートヴィヒ2世の豪華列車

ルートヴィヒ2世が 所有したサロン車と テラス車。 展示されているのは 2両のみ …

ニュルンベルク交通博物館に展示されている1829年製の石炭車

ニュルンベルクは ドイツで初めて 1835年に鉄道が敷かれた 町という事もあり、 …

フランクフルトのシラー像

フランクフルトの公園に 立っているこの像。 こちらはゲーテと同時代を生き ゲーテ …

フランクフルトからハイデルベルクへのドイツ鉄道の電車での行き方と時間と料金

フランクフルトの中央駅から ドイツの人気観光スポットである ハイデルベルク への …

ポルシェミュージアム内のレストラン Boxenstopp STUTTGART

ポルシェの本拠地である ドイツのシュトゥットガルトでは、 町の至る所でポルシェを …

イビス ニュルンベルク アシュタット ホテル

ニュルンベルクで宿泊したホテル 「イビス ニュルンベルク アルトシュタット」 ニ …

ベルリンのDDRミュージアム

シュプレー川の岸辺にあり 目の前は船の乗り場のため 注意していないと見落として …

BMWの飛行機用エンジン 801
2004年式 メルセデスベンツ ウニモグ U500 除雪車

1951年からメルセデスは ウニモグの製造を開始しました。 この車は、その多様性 …