世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

ローテンブルクの建築主任の館

   


o0580043512793192278ローテンブルクの中心地である
マルクト広場に近い場所に

3つの異なる建築様式の
都市貴族の館が並んでいます。

一つずつ話すと、一番右の建物は
市長トップラー氏の居館でした。

14世紀に建てられた古いもので
切妻部は17世紀に新築されたもの。

トップラーは、裕福な家に生まれて
政治や金融取引に取り組み成功を
収め、名声を広めました。

ローテンブルクの城壁を補強したり
監視塔の数も増やしたりと、

町の改築にも積極的に取り組みます。



しかし・・・・・・



週末用に別荘を建てたり、
侯爵から家紋を贈られたり、
贅沢が目立ち始めると、


「市民と共にあるべき市長が、
貴族を気取っている。」

と、次第に市民の反感を買います。

その後、会議中だったトップラーは
突然逮捕され、投獄されてしまいました。

そして彼は獄死。

財産は3等分されて



王族
家族


に分配されることになります。

役人の贅沢に一般市民が怒りを買う図式は、
今に始まった事じゃないことが分かる出来事です。

o0580043512793192278一番左の建物は
以前は薬局でしたが

現在はテディベアを扱う
ショップになっています。

o0435058012793222691中央の館はローテンブルクの
市民の家で最も美しいとされる建物。

建築主任の館
「バウマイスター・ハウス」

1596年に建てられたものです。

外観には立像が並んでいますが
あれは、実はレプリカ。

本物は風化を防ぐために
博物館で展示されています。

立像は男女交互に並んでいますが
それぞれには意味があり

「七つの悪徳」
「七つの善徳」

が表現されています。

上列左から

貧欲
勇気
肉欲
正義
虚栄
虚偽
怠情


下列左から

親切
大食
母性愛
だまし
温和
賢さ
謙虚

o05800435127932355401596年に建てられたこの建物は
入口に1596と看板があります。


そして


よ~く見ていただくと分かりますが


日本語が書いてある!!


記載内容を読んでいただくと
分かる通り、この建物は

現在はレストランとして
利用されています。

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

サイドライン機関車 バイエルン D VI BR9878
ポルシェ タイプ 754 T7
ドイツ鉄道のモバイルターミナル

DB博物館の中で、 一番カラーの強い 真っ赤な展示室。 この部屋には、列車の 運 …

メルセデス仕様の珍車
バンベルクの聖マーティン教会
ニンフェンブルク城

ヴィッテルスバッハ家の 夏の離宮として、 17世紀から19世紀半に かけて建造さ …

BMWの飛行機用エンジン VI
モデルC.2 フェートン 電気自動車
ローテンブルクのティルマン・リーメンシュナイダーホテル
トーマス ローラー

映画「ダビンチ・コード」などにも 登場しそうなこのアイテムですが、 1790年に …