世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

カール・テオドール橋のサルの像

   


DSC00407ハイデルベルクのカール・テオドール橋の
たもとには、サルの像があります。

元々は15世紀に造られましたが
オリジナルはプファルツ戦争で
焼失してしまいました。

写真のサルの像は1979年に
再び作られた最近のものになります。


猿は鏡を手にしていますが


・サルが手に持っている鏡に触れると運気UP♪
・「まず、自らを顧みよ」との警句


などのエピソードがあります。


サルの像は、人が触れている
鏡の部分だけ色が違いますよね。


「運アップ」と「自らを顧みよ」は
全然関連性がないように思えますが


まあ・・・


鏡に手を触れているポーズをして
写真を撮るなど、旅行が楽しめれば
何でもオッケーなのです♪


一応


「自らを顧みよ」


に繋がるエピソードを
一つ紹介すると

結婚前に妊娠してしまった
カップルのエピソードが有名。


結婚前の妊娠ですが、当時は
非常にスキャンダラスなことなので

悪い評判が広がらないように、
選帝侯は二人を町から
追い出してしまいました。

これに怒ったカップルは、
腹いせに選帝侯に似せた
サルの絵を描いて、

次のような抗議文を
送りつけました。


「何で私たちのことを、
珍しそうに扱うのか?

ハイデルベルクには、
私たちのような人は
たくさんいる!!」


なぜサルの絵を送ったのかというと
サルはエッチなことの象徴だと
言われていたからです。


そして!!


手に鏡をもっているのは、
偽善者ぶって人を
裁くことができるのか?


自分のことも見つめ直せ!


という皮肉の意味が込められています。


確かに


人の批判するのも神経使うし時間も
もったいないし、

そんなヒマあったら、自分の仕事の
業務改善ポイントでも発見して

行動した方が、よほど面白い結果に
なります。

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

Galeria Kaufhof(ギャラリア カウフホーフ) ケルン店

ドイツの主要都市で よく見かけるデパートの Galeria Kaufhof (ギ …

ミュンヘンのBMWヴェルト

BMWといえばドイツの自動車メーカーですが 写真左側のシリンダー型の建物は、 ミ …

エドゥアール・マネ作のクロケット

美術の教科書でもお馴染みの 印象派を代表するフランスの 画家の一人である マネ( …

ベントレー

製造年:1924 / 25年 パワー:85PS 排気量:2996cc 3リッター …

電気機関車 E 69 02

E69シリーズの機関車は、 鉄道史上初めてとなる AC電気機関車でした。 今日に …

ミュンヘンのテアティーナ教会

豪華な装飾な特徴のバロック様式の この教会は、 「テアティーナ教会」 と呼ばれて …

1905年式 ベンツ 18PS ダブル フェートン

1903年式モデルの ベンツ16/20 PSの 後継車として製造された 18PS …

BMWのエンジン P75

V型12気筒 排気量: 5990.5cc ボア×ストローク: 86×85.94m …

ミュンヘンの聖霊教会

こちらは14世紀頃に建てられた ミュンヘンの聖霊教会になります。 しかし、完全オ …

ハイデルベルク城のイギリス館

現在は、屋根がなくなり 一部分が残るのみの この建物はイギリス館と 呼ばれていま …