世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

ミュンヘンのフェラーリストア

   


DSC01308こちらはミュンヘンにある
フェラーリストア。

イタリアはもちろん、ヨーロッパを
中心に展開しているショップです。

フェラーリストアと言っても
市販車が販売されているのではなく

アパレル
ミニカー
食器
F1グッズ
時計

などなど、フェラーリをモチーフにした
アイテムが購入できるショップです。

ここで、フェラーリ応援グッズでも買って
イタリアGPの観戦に行けたら最高かも。

店内をいろいろ見ましたが
アロンソのレプリカヘルメットが
売っていたので

ちょっと、そそられたものの
価格が50万円近くしたので
諦めました・・・

公道では使用できないし、
さすがにヘルメットに50万円は
ちょっと厳しい。

そう考えると、日本のアライが
出している、motoGPのペドロサ仕様とか
かなり良心的な価格です。

これなら公道で使える!!


DSC01311店内にはF1マシンも展示されています。

カーナンバー「5」なので、おそらく
2012年シーズンのアロンソ仕様の
マシンですね。

1024px-2012_Canadian_Grand_Prix_Fernando_Alonso_Ferrari_F2012-02F2012

DSC01312この年のマシンの特徴といえば
やはり段差ノーズ。

F1は毎年マシンに関するルールが
変更されますが、これは2012年の
ルールに対応するための結果です。

2012年からコックピット前から150mmの
ノーズの最大値が安全面から550mmに
制限されました。

しかし、コックピット前の最大値は
625mmのままのため75mmの差が
生じてしまいます。

1無題コックピット前の高さも550mmに設計すれば
段差は生まれる事はありませんが

空力的には、少しでもシャシーを
高い位置に保って、マシンの下に
風を送り込んだ方が速く走れるとの
事だったため

このようなデザインが生まれる
結果となりました。

DSC01309ノーズに段差があると見た目は
ダサイので、F1ファンには不評
でしたが

レースはタイムがすべて。

見た目よりもタイムを重視した
当然の結果と言えます。

DSC01310この年のエンジンは
レギュレーション規定の
影響もあり

V8
2398cc

と、コンパクト。

そのためリヤ周りも
小さく収まっています。

OttItalyFerrariBlack気筒数
排気量

ならば、市販車の方が
F1よりも上で、そのため
見た目もゴージャスです。


ただ、単純に速さで言ったら
F1と市販車は比べものには
ならないですけどね。

規制規制の嵐で
年々エンジンのサイズが
落ちているF1ですが

やはり大事なのはシャシー設計なのか
エンジンは小さくなっても
フォーミュラーマシンは速い!!

メルセデス AMG SL63
V8 スーパーカー
F1

のバトル映像。

タイムハンデ背負ってもこの結果です。

あわせて読みたい関連記事

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

レッドブル ザウバー ペトロナス C18
エアフルトのレストラン Haus zum Naumburgischen Keller

ドイツらしい木組みの 建物ですが、 こちらはエアフルトの 郷土料理を堪能できる …

ヨハン・デビッド・パサヴァント作の自画像
キャタピラー D7
アメリカン・ラフランス「ファイアサラマンダー」
ヴォルムス大聖堂
ポルシェ 911 SC RS
マックス・リーバーマン作のアムステルダム孤児院の自由時間
リバプールとマンチェスター間の列車
1868年製 旅客車両

初期のドイツ鉄道の 旅客車両というのは、 完全個室スタイルの コンパートメントカ …