世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

BMWのエンジン M12/13

      2018/03/18


ドイツのメーカーであるBMWが
レース用に開発したエンジンの
BMW M12/13。

1981年から1985年まで製造されて、
F1に使用されました。

1499ccの直列4気筒で
ターボを搭載し

790馬力 11000rpmを
マークしたようです。

これまでターボとは
無関係だったF1で、

1979年にルノーが
ターボエンジン搭載車で
F1初勝利を挙げると

その後はターボの時代となり
他社もターボを導入する
流れになりました。

そんな時代に開発されたのが
BMW M12/13。

BMWは、ターボ初年度にも関わらず
カナダGPで初勝利を挙げました。

このM12/13は、ゼロから
開発されたものではなく

1960年頃の市販車のエンジンである
M10をベースに開発された
エンジンとなりますが、

古いエンジンでも
チューニング次第で

世界最高峰のレースF1でも
優勝できてしまう
BMWの技術に驚きです。

ちなみにM12系のエンジンは、

・M12/1 (F2用エンジン)
・M12/7(F2用エンジン)
・M12/13(F1用エンジン)
・M12/13/1(F1用エンジン)
・メガトロン M12/13(F1用エンジン)

などの派生モデルがあります。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

マインツの大聖堂

マインツは、ライン川とマイン川の 合流地点に位置する町。 8世紀には、ここマイン …

ポルシェ カイエン S トランスシベリア
アシャッフェンブルクのカプチーナ教会
BMW 328
ライン川とモーゼル川の合流点ドイチェス・エック

左側がモーゼル川 右側がライン川 この二つの川が合流する地点に 突き出た三角の先 …

シボレー マスター [JC]
ニュルンベルクの日時計付き建築物

ニュルンベルクらしいレンガ造りの建物。 ここニュルンベルクは、第二次世界大戦の …

1957年式 BMW R60 サイドカー付きバイク
マイセン磁器工場と磁器博物館

マイセンの窯印がついた マイセン磁器工場。 1階はマイセンの見学用工場があり 2 …

ミュンヘンの将軍堂