世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

クリスティアン・ゲオルク・シュッツ作の「フランクフルトのリープフラウエン教会の内部」

   


ドイツの画家である
クリスティアン・ゲオルク・シュッツ
(1718-1791)が、

1769年にフランクフルトで
描いた作品の
「フランクフルトのリープフラウエン教会の内部」

1453年に建てられたのが
始まりのリープフラウエン教会は
現在も残っていますが、

歴史上、何度も改修
されてきました。

また、第二次世界大戦の際は
大きな被害を受けたため
戦後に再建されています。

そのため現代と当時では
構造が異なる教会のため。

このような作品は
当時の教会の造りを

知ることのできる
貴重な資料とも言えます。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

エルンスト・ルートヴィヒ・キルヒナー作の「白いキャミソールを着た女性」
シャルロッテンブルク宮殿のルイーズ女王の寝室
ポルシェ 911 カレラ RS 2.7 クーペ
ヴィルヘルム・トリュブナー作の「紫のドレスを着た婦人」
ベネリ 750 セイ
A.L.A Jet Fox 91 D
ポルシェ 917 LHクーペ
フォルクスワーゲン T1
マクリノ・ダルバ作の「三連祭壇画」
ヨハン・クリスティアン・フィードラー作の「画家クリスチャン・ジョージとの自画像」「春夏秋冬」