世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

クリスティアン・ゲオルク・シュッツ作の「フランクフルトのリープフラウエン教会の内部」

   


ドイツの画家である
クリスティアン・ゲオルク・シュッツ
(1718-1791)が、

1769年にフランクフルトで
描いた作品の
「フランクフルトのリープフラウエン教会の内部」

1453年に建てられたのが
始まりのリープフラウエン教会は
現在も残っていますが、

歴史上、何度も改修
されてきました。

また、第二次世界大戦の際は
大きな被害を受けたため
戦後に再建されています。

そのため現代と当時では
構造が異なる教会のため。

このような作品は
当時の教会の造りを

知ることのできる
貴重な資料とも言えます。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

フランクフルトの大聖堂(カイザードーム)

遠くからでも目立つ 高さ95mの塔が印象的な 「皇帝の大聖堂(カイザードーム)」 …

MV アグスタ スクランブラー
リチャード・ムラー作の「猫と毛糸玉」

今日のチェコにあたる ツキル二ッツ市で生まれた画家の リチャード・ムラー (18 …

エルンスト・ルートヴィヒ・キルヒナー作の「裸婦画」
ダルムシュタットのヘッセン州立博物館
BMW R80 G/S
ドレスデンの市庁舎

かつて「百塔の都」と 呼ばれたドレスデンでは 今でも多くの塔を見かけますが ドレ …

ボナヴェントゥーラ・ペータース作の「難破船と海の嵐」
ライプツィヒのドイツ料理店「Alte Nikolaischule」
ポルシェ ケイマン S