世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

クリスティアン・ゲオルク・シュッツ作の「フランクフルトのリープフラウエン教会の内部」

   


ドイツの画家である
クリスティアン・ゲオルク・シュッツ
(1718-1791)が、

1769年にフランクフルトで
描いた作品の
「フランクフルトのリープフラウエン教会の内部」

1453年に建てられたのが
始まりのリープフラウエン教会は
現在も残っていますが、

歴史上、何度も改修
されてきました。

また、第二次世界大戦の際は
大きな被害を受けたため
戦後に再建されています。

そのため現代と当時では
構造が異なる教会のため。

このような作品は
当時の教会の造りを

知ることのできる
貴重な資料とも言えます。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

フランクフルトの大聖堂(カイザードーム)

遠くからでも目立つ 高さ95mの塔が印象的な 「皇帝の大聖堂(カイザードーム)」 …

シボレー コルベット スティングレー
ヨハン・ヘンドリック・ルース作の「死んだ家畜のある静物画」
1969年 AMG 300 SEL 6.8
シャルロッテンブルク宮殿のタペストリーの間

ルイ15世から贈られた タペストリーが 壁に掛けられている 第一のタペストリーの …

ヴェッツラーの戦争記念碑

献花が絶えない こちらの場所ですが、 第二次世界大戦の 犠牲者に対する 慰霊碑に …

ハンブルクのミニチュアワンダーランド Vol.59

イタリアの人気観光地である 恐らくアマルフィを表現した ジオラマ。 外観沿いにカ …

カール・モルゲンシュテルン作のテッラチーナの風景
BMWのエンジン M10
エドゥアール・ヴュイヤール作の「ボードゲーム」