世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

アウグスブルク市庁舎

   


1615年から1620年にかけて
アウグスブルクの建築家である

エリアス・ホルによって
建てられた市庁舎。

オリジナルの建物は
残念ながら第二次世界大戦の
空襲によって

1944年に破壊されて
しまったため、

1946年から1962年にかけて
再建築されたものになります。

数あるアウグスブルク市庁舎の
部屋の中でも、一番の見どころの
黄金の広間。

合計2.6kgの金箔で
覆われていますが、

1996年に多額の寄付により
この部屋の壁画や金の装飾品を
完全修復する事ができました。

天井の中心にある絵は
24平方メートルあり、

中央にいる女性は
知恵を表現しています。

日本の尼崎市と姉妹都市である
アウグスブルク。

そのため市庁舎には
和に関するグッズが
展示されていました。

着物と琴。

甲冑。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

マインツの大聖堂

マインツは、ライン川とマイン川の 合流地点に位置する町。 8世紀には、ここマイン …

セザンヌ作のロッキー山脈の山道と木
カールスルーエの市立公園動物園

ドイツのフランクフルトから電車で フランスのストラスブールに行く際に カールスル …

ポルシェ タイプ 754 T7
ミュンヘンのバイエルン州立歌劇場

コリント様式の柱が採用された ギリシャ神殿風の建物ですが ここは、オペラの公演が …

ハイデルベルク城の日時計

ハイデルベルク城には日時計が 設置されています。 日時計は、影を利用したもののた …

モデルC.2 フェートン 電気自動車
ケーテ・ウォルファルトのリューデスハイム店

一年中、クリスマス関連の アイテムを取扱うお店の ケーテ・ウォルファルト。 ドイ …

リバプールとマンチェスター間の列車
メルセデス シンプレックス