世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

ライン地方の画家作の「アルテンベルク祭壇画」

   


ライン地方の画家が
祭壇の両扉の部分に

1330年に描いた
「アルテンベルク祭壇画」

中央には修道院の
主な守護聖人である

聖母子像の彫刻が安置され
左扉の東方の三博士が

ひざまついている部分にも
聖母子像が描かれています。

細い手足にローブを着た
人物が多く描かれていますが、

これは14世紀初頭の
ハイゴシック様式の
典型例となります。

美術館は1925年に
この作品を入手し
現在に至ります。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

1972年式 メルセデスベンツ 300 SEL 6.3
ダルムシュタットのマリティム コンファレンツホテル

ダルムシュタットの中央駅から 徒歩3分ほどの距離にある マリティム コンファレン …

DKW RT 175 VS
インディアンスカウトのエンジン
カール・ホーファー作の「盲目の男性と女性」
ジャン=フランソワ・ミレー作の「肖像画」

バルビゾン派の代表的な 画家の1人であり、 美術の教科書でもお馴染みの ミレー( …

アウグスブルクのフッガーハウス
シャルロッテンブルク宮殿の銀の部屋

この部屋は、壁一面に銀製の オーナメントの装飾が施された 木製パネルが取りつけら …

コブレンツの聖母教会
ドラッグスター ダコタ