世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

クロード・モネ作の昼食

   


印象派を代表するフランスの
有名画家であるモネ(1840-1926)が、

1868年に描いた油彩画の
「昼食」

231cm × 151cmもの
巨大な作品になります。

この絵画は、1870年に
パリで開催された

美術展覧会に
出展されたものの

残念ながら落選して
しまいました。

テーブルに座って
食事をしているのは、

モネの妻であるカミーユと
息子のジャンで、

手前の空席がモネの
椅子になります。

窓によりかかっているのは
訪問客の女性で、

背後には仕事をしている
メイドさんが描かれています。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

マックス・ベックマンの「サックス」
1939年式 メルセデスベンツ 230S オフロードスポーツカー
エアフルトの聖ローレンティウス教会

教会のホームページには 建物についての詳しい 解説がなかったので 詳細に関しては …

マイセンのタイルに描かれた君主の行列

ドレスデン城北東側の外壁には 戦災を免れて残った 「君主の行列」 という壁画があ …

BMW R47
ウィルヘルム・フレディー作の「祖国のために」
1952年式 メルセデスベンツ O 3500 バス
BMWのアートカー
ニンフェンブルク城
フランクフルトのマインハッタン

ドイツにはフランクフルトという 地名の場所が他にもありますが 一般的にフランクフ …