世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

カミーユ・コロー作の夏の風景

   


フランスの画家である
カミーユ・コローが
(1796-1875)

1850-60年に描いた油彩画の
夏の風景。

カミーユは、後の印象派の
画家に影響を与えた人物で、

パリ万国博覧会の際は、
6点の作品を出品し

グランプリも
獲得しました。

美術館は1906年に
この絵画を入手し
現在に至ります。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

ヨハン・バプティスト・ランピ1世作の「エカテリーナ・デ・リボーピエール の肖像」
パウル・クレー作の「肥沃な国の眺め」
マクリノ・ダルバ作の「三連祭壇画」
ハイデルベルク城の大樽棟にあるペルケオの像

昨日の記事で紹介したワイン樽。 このアングルからでも、 左下に彫像像があるのが …

ホーエンシュヴァンガウ城

もともとは12世紀に 建設されたものの、 長い間廃墟になっていた シュヴァンシュ …

1886年製のベンツの自動車

ベンツが特許を取得し 世界へ初めて送りだした ガソリンエンジンを 搭載した自動車 …

ロレンツォ・サバティーニ作の「パンとルーナ」
カピトール丘の聖母マリア教会

ケルン市内で最大のロマネスク様式の 教会である聖母マリア教会。 690年からの歴 …

プジョー 203
マックス・ベックマン作の「フランクフルトのシナゴーク」