世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

アントン・ズウェンガウアー作の鹿のいる夕暮れの景色

   


ドイツ人の画家である
アントン・ズウェンガウアーが、
(1810-1884)

1847年に描いた油彩画の
鹿のいる夕暮れの景色。

彼は大自然の中で景色を研究し
風景画をメインに製作しました。

美術館は2010年に
この作品を入手して
現在に至ります。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

フォード F1 ピックアップ
エルンスト・ルートヴィヒ・キルヒナー作の「裸婦画」
フランクフルト通信博物館

屋根に取り付けられた 巨大なアンテナなど、 特徴的な部分が多い デザインの建物で …

ハイデルベルクのハウプト通り

ハイデルベルク旧市街の目抜き通り とも言えるのが、こちらの ハウプト通り この通 …

BMW 507 プレスリー
リューデスハイムのワインバー Weingut Carl Ehrhard
ジャガー Dタイプ
カレル・ファン・サボイェン作の「エマオの晩餐」
フランスの画家の作品「3人の王の崇拝」
ライプツィヒ中央駅