世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

アントン・ズウェンガウアー作の鹿のいる夕暮れの景色

   


ドイツ人の画家である
アントン・ズウェンガウアーが、
(1810-1884)

1847年に描いた油彩画の
鹿のいる夕暮れの景色。

彼は大自然の中で景色を研究し
風景画をメインに製作しました。

美術館は2010年に
この作品を入手して
現在に至ります。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

カタリーナ・トロイ作の「果物のかけら」
コンドル A580
ジャック・ド・ラジュー作の「ファンタジー建築の中のコメディアン」
シャルロッテンブルク宮殿の寝室

フリードリヒI世の時代は ブルーのサテンで壁が 覆われていた寝室。 フリードリヒ …

ダートトラック用 フォードクーペ
バンベルクの宝石店

バンベルクのレグニック川沿いには 数多くの建物が建ち並びますが、 その中でも目を …

Cmelak Let Z37 A
BMW 1600
ピエール・ボナール作の裸婦画
ベルリンのフランスドーム

ジャンダルメンマルクト広場に 面する形で建つフランスドーム。 かつてナントの勅令 …