世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

マセラティ 250F

   


製造年:1956年
パワー:280PS
排気量:2500cc
エンジン:6気筒

マセラティ250Fは、
1954年から1958年まで
製造され続け、

グランプリ史上
長きに渡って造られた

長寿マシンのうちの
1つでした。

もともとマセラティは
プライベートドライバー向けの
マシンを計画しており、

小さなチームゆえに
財政的な面からして

技術的リソースが
限られていたため、

車はシンプルな方法で
設計する必要がありました。

マセラティA6GCMを
ベースとする250Fですが、
最初は6C2500と呼ばれました。

その後、テスト走行が行われ
250Fと改名されます。

250は排気量の2500cc、
Fはフォーミュラーを
意味しています。

1954年シーズンのレースで、
レーサーのスターリング・モスは、

250Fで世界選手権の
プライベートドライバーとして
参戦しました。

1956年、ファクトリーの
ドライバーとなった
スターリング・モスは、

モナコGPと高速コースの
モンツァで開催された
イタリアGPで優勝します。

また、1957年には
ファン・マヌエル・ファンジオが、

250FでF1チャンピオンに
輝きました。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

ポルシェ 924 カレラGT スタディ
1939年式 メルセデスベンツ 230S オフロードスポーツカー
1905年式 ベンツ 18PS ダブル フェートン
ローテンブルク最古の城壁部のヴァイサー塔

城壁で囲まれた町ローテンブルクには 現在も、城壁や見張り塔が残っていますが 写真 …

ポルシェ 911 SC カレラ
Galeria Kaufhof(ギャラリア カウフホーフ) ケルン店
ポルシェ スタディ C88
バンベルクの新宮殿

1703年に、司教領主である シェーンボルンが完成させた 宮殿になります。 内部 …

シャルロッテンブルク宮殿の寝室

ベッドが設置されている こちらの寝室ですが、 この部屋は睡眠をとる 目的では使用 …

ハイデルベルク城のイギリス館

現在は、屋根がなくなり 一部分が残るのみの この建物はイギリス館と 呼ばれていま …