世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

ルーベンスが描いた教会の油彩画

   


17世紀の南部オランダの
宗教事情として、

プロテスタント主義との
闘いが絶えなかった事が
あげられます。

絵画などの芸術は、
宗教を宣伝する
貴重な方法であったので、

宗教対立が続く
時代において、

多くの芸術家は
宗教画を描く事で、

コミッションを
得ていました。

ルーベンスもまた
宗教画を描く事を

受け入れた画家の
一人となります。

展示されている油絵は、
聖カルロス・ボロメウス教会の

主祭壇をデザインしたものと
考えられていましたが、

しかし最近の考えでは
1978年に取り壊された

カルメル会教会の
祭壇のために描いたと
言われるようになりました。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ベルギー

スポンサード リンク

  関連記事

ブリュッセルのプロキシマス社ビル

ベルギーの主都ブリュッセルには 主要な駅として 北駅 (オフィス街。観光するもの …

シトロエンのB2

現代でもお馴染みの フランスの自動車メーカー であるシトロエンが 1923年に製 …

ブリュッセルのノイハウス

ベルギーといえば、 ゴディバを筆頭に 数多くの有名な チョコレートメーカーが あ …

ベルギーのゲントにある聖ミヒエル教会

1105年には、すでにこの場所に 教会があったようですが、 現在の聖ミヒエル教会 …

ヴァンダラーのタイプW3 プップヒェン
オペルのトーピード
ベルギー王立美術館

ベルギーの主都ブリュッセルにある ベルギー王立美術館。 フランス革命軍による ブ …

アドリアーン・ブラウエルの油彩画
FN スポーツ M60
ブリュッセルのピエール・マルコリーニ

ベルギーチョコレートの 奇才と言われる ピエールマルコリーニ。 なぜならば 「シ …