世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

ルーベンスが描いた教会の油彩画

   


17世紀の南部オランダの
宗教事情として、

プロテスタント主義との
闘いが絶えなかった事が
あげられます。

絵画などの芸術は、
宗教を宣伝する
貴重な方法であったので、

宗教対立が続く
時代において、

多くの芸術家は
宗教画を描く事で、

コミッションを
得ていました。

ルーベンスもまた
宗教画を描く事を

受け入れた画家の
一人となります。

展示されている油絵は、
聖カルロス・ボロメウス教会の

主祭壇をデザインしたものと
考えられていましたが、

しかし最近の考えでは
1978年に取り壊された

カルメル会教会の
祭壇のために描いたと
言われるようになりました。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ベルギー

スポンサード リンク

  関連記事

オペルのトーピード
ヤン・ブリューゲルの油彩画「歌手」
ダールモンのDSスペシャル
ブリュッセルのオートワールド フェラーリ70周年特別展示
ヤン・ブリューゲルの油彩画

ヤン・ブリューゲルは ルーベンスと同様に、 アントワープで著名な 画家の一人でし …

アレクサンダー・アドリアンセンの油彩画
マタイアス・ヤンス・バン・デン・バーグの油彩画

17世紀の肖像画の主題には、 死にかけている子供を 描いた作品も多々ありました。 …

ルーベンスの油彩画 アッシジのキアラ

このスケッチは、 アントワープにある イエズス会教会の ために描かれた 39の天 …

ルーベンスの油彩画「ヘンリー4世のイヴリーの戦い」

この絵画は制作途中では ありますが ゆえにルーベンスが、 どのようにして絵画を …

メッサーシュミット Messerschmitt KR200