世界遺産巡り 海外旅行写真集

約30ヵ国を旅して撮影してきた写真を配信しています! 毎日更新!! since 2007/10/20

*

ルーベンスが描いた教会の油彩画

   

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`evernote` not found]

17世紀の南部オランダの
宗教事情として、

プロテスタント主義との
闘いが絶えなかった事が
あげられます。

絵画などの芸術は、
宗教を宣伝する
貴重な方法であったので、

宗教対立が続く
時代において、

多くの芸術家は
宗教画を描く事で、

コミッションを
得ていました。

ルーベンスもまた
宗教画を描く事を

受け入れた画家の
一人となります。

展示されている油絵は、
聖カルロス・ボロメウス教会の

主祭壇をデザインしたものと
考えられていましたが、

しかし最近の考えでは
1978年に取り壊された

カルメル会教会の
祭壇のために描いたと
言われるようになりました。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ベルギー

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ブリュッセルの聖ヨハネ教会
フォード リンカーンのコンチネンタルMkII

ボンネット中央のエンブレムが 無くなっていますが アメリカの自動車メーカーである …

フェラーリ Ferrari 599 Alonso GTB HGTE 60 F1
ブリュッセルのユニクロ

今や世界中で見かける ユニクロですが 東京からブリュッセルへ、 ということで 2 …

ルーカス・フェーダベ作の焼き物「ヘラクレス」

ルーベンスの弟子や 友人のルーカス、 彫刻家や建築家など 17世紀の多くの芸術家 …

ブリュッセルのブラスリー(レストラン) Le crio
ブリュッセルのベルギー料理レストラン「シェ・レオン」
ブリュッセルのピエール・マルコリーニ

ベルギーチョコレートの 奇才と言われる ピエールマルコリーニ。 なぜならば 「シ …

ウォルナットとレザー製の椅子

長方形の布張りの座席と 背もたれを備えた このような椅子は、 デザイン面に関して …

ロールス・ロイスのシルヴァーゴースト