世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

ベルギーのゲントにあるシティーパビリオン

   


古い建物が多く残る
ゲントの旧市街にあるため

一見、アンバランスな気もしますが、
このモダンなデザインの建物は

シティーパビリオンと
呼ばれるものになります。

パッと見たところ、
入口のような物がないので

ただの飾りの建物に
見えなくもないですが、

300人を収納できる施設に
なっており

・コンサート
・ダンスパフォーマンス
・マーケット

などが開催されて
いるようです。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ベルギー

スポンサード リンク

  関連記事

ブリュッセルのベルギー料理レストラン「シェ・レオン」

ムール貝の料理で有名な 1893年創業の老舗レストラン Chez Leon(シェ …

ブルージュのレストラン Kasteel Minnewater

ブルージュの町を流れる ミンネワーテル川沿いに建つ レストラン Kasteel …

マルテン・ファン・クリーフの油彩画

ルーベンスは、彼のスタジオで 働くアシスタントに 絵の修復を任せていた事は よく …

ブリュッセルの王立軍事歴史博物館

王立軍事歴史博物館の前にある凱旋門。 旗を吊るすためのワイヤーも張ってありました …

ブルージュのヤン・ファン・エイク広場

ブルージュで活動した 15世紀のヨーロッパを 代表する画家である ヤン・ファン・ …

アントワープのブラボーの像

アントワープの市庁舎の前には 町の名前の由来となった人物 「ブラボー」の像が立ち …

ブリュッセルの日本芸術美術館

ベルギーの主都ブリュッセルの ラーケン地区には、 アジア圏の建築物が たくさん建 …

アレクサンダー・アドリアンセンの油彩画

ベルギーの画家 アレクサンダー・アドリアンセン (1587-1661)が 果物、 …

ヨハン・ボックホルストとフランス・スナイデルスの共作「市場へ向かう農家」

17世紀のアントワープでは、 2人以上の画家が、 1つの作品を共同で描くのは 珍 …

ウィルヘルム・シューベルト・バン・エーレンバーグが描いたセントチャールズボロメオ教会の内装

その豪華な内装が理由なのか セントチャールズボロメオ教会は、 当時の人々にとって …