世界遺産巡り 海外旅行写真集

約30ヵ国を旅して撮影してきた写真を配信しています! 毎日更新!! since 2007/10/20

*

モデルC.2 フェートン 電気自動車

   

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`evernote` not found]

製 造:1898-1899年
動 力:電気モーター
馬 力:3-5馬力
最高速:25km/h
レンジ:80km

電気自動車というと
デジタル時代の現代に
誕生した技術に思えますが

内燃機関のように
普及しなかったものの

実は100年以上前から
造られていました。

写真は1898年に
ポルシェが製造した
C.2フェートン。

フェートンというのは、
16世紀以降、

馬車のボディスタイルの
呼び名として使われましたが、

自動車が普及してからは
オープンカーを指す言葉として
使われ始めました。

展示車両のC.2フェートンは
「オクタゴン」と呼ばれた

3-5馬力を発揮する
モーターが搭載されており、

最高速度は25km/h
走行距離は80kmを
記録しました。

電力供給のために
550kgのバッテリーが
搭載されましたが、

1回の充電で6時間は
走行が可能でした。

ブレーキシステムに
関しては、

12段階のスピードコントローラーが
装備されていて、

電気ブレーキで車体を
制御したようです。

ちなみに解説書きによれば
展示車両は修復はされておらず

当時のオリジナルの状態を
保っているそうですが、

さすがにプラスチックの
保護板は後付けだと思います。

日本の博物館だと
考えにくいですが、

ヨーロッパの博物館は
柵で仕切られていない事も多く

やろうと思えば簡単に
展示物に触れる事が
できてしまうので、

その対策に保護板が
付いていると考えられます。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

 - ドイツ

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

1955年式 メルセデスベンツ W196 R 2.5リッター レーシングカー
BMW 3/15 PS DA-3
ポルシェ 356B 1600GS カレラGTL アバルト
城壁で囲まれた町、ニュルンベルク

ヨーロッパを旅すると 城壁で囲まれてる町を 多く見かけます。 ここドイツの ニュ …

ニュルンベルクの聖セバルドゥス教会
ヨーロッパといえば石畳

ヨーロッパといえば石畳 石畳といえばヨーロッパ アルファルトの平らな道を 作る技 …

バンベルクの ミュラー7 カフェ & バー
ローテンブルクの城壁を歩く

中世、外敵から町を守るために築かれた 城壁で囲まれたローテンブルクの町。 その城 …

BMW 325i
1914年式 メルセデス グランプリレーシングカー