世界遺産巡り 海外旅行写真集

約30ヵ国を旅して撮影してきた写真を配信しています! 毎日更新!! since 2007/10/20

*

シャルロッテンブルク宮殿の日本の間

   

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`evernote` not found]

フリードリヒ・ヴィルヘルム3世は、
かつてエリザベスが使っていた部屋を

引き継いだ際、ブルーの壁紙を貼り
寝室として使うようになりました。

1943年11月の空襲の際、
この部屋もダメージを
受けてしまいましたが、

結果、新しい壁紙の下にあった
フリードリヒの時代の古い壁紙が
発見される事になりました。

その壁紙は、装飾的な
インテリアを専門とする

ポツダムのアーティスト
フリードリヒ・ウィルヘルム・シュヌアーが

1740年から1742年にかけて
作成したものになります。

シャルロッテンブルク宮殿に残る
緑色と薄いピンクで描かれた

シノワズリ風のロココ様式の
インテリアは、

彼が手掛けた作品の中で
トップクラスの保存状態と
言われています。

非常に鮮やかな状態を
保っていた壁紙ですが、

1958年には、部分的に
色あせてしまったパネルが、

展示のため上の階に
移動されました。

その後、1993年になると
再び元の場所に戻されて
現在に至ります。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

1962年式 メルセデスベンツ 300SL ロードスター
ポルシェ 356 クーペ フェルディナント
BMW 328
アウストロ・ダイムラーのADS R サシャ
リンブルクのホテル ウィーン ハウス イージー リンブルク
BMWの飛行機用エンジン VI
ハイデルベルク城のテラス(アルタン)

ハイデルベルク城のビュースポットとも 言える場所が、 「選皇侯のバルコニー」 と …

ケルンの旧市庁舎

一見、教会のようにも見える 古い建物ですが 高くそびえる塔が印象的な建物は、 1 …

ケルンの魚市場前の建物

ケルンで見かけた カラフルな建物群。 エストニアにも あのような感じの 建物があ …

カールスルーエの市立公園動物園

ドイツのフランクフルトから電車で フランスのストラスブールに行く際に カールスル …