世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

シャルロッテンブルク宮殿の日本の間

   


フリードリヒ・ヴィルヘルム3世は、
かつてエリザベスが使っていた部屋を

引き継いだ際、ブルーの壁紙を貼り
寝室として使うようになりました。

1943年11月の空襲の際、
この部屋もダメージを
受けてしまいましたが、

結果、新しい壁紙の下にあった
フリードリヒの時代の古い壁紙が
発見される事になりました。

その壁紙は、装飾的な
インテリアを専門とする

ポツダムのアーティスト
フリードリヒ・ウィルヘルム・シュヌアーが

1740年から1742年にかけて
作成したものになります。

シャルロッテンブルク宮殿に残る
緑色と薄いピンクで描かれた

シノワズリ風のロココ様式の
インテリアは、

彼が手掛けた作品の中で
トップクラスの保存状態と
言われています。

非常に鮮やかな状態を
保っていた壁紙ですが、

1958年には、部分的に
色あせてしまったパネルが、

展示のため上の階に
移動されました。

その後、1993年になると
再び元の場所に戻されて
現在に至ります。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

フォード マスタングGT
急行列車の機関車 Bay. S 2/6
ウルムの大聖堂
旅客列車の機関車 Bay. B V ノードガウ
ディンケルスビュールのドイチェスハウス

ドイツロマンチック街道の町の ひとつであるディンケルスビュール。 南ドイツ一と称 …

ハン・ミュンデンの古い橋
シボレー コルベット スティングレー
ミュンヘンのイーザル門

かつてミュンヘンは、外敵の侵入を 防ぐために、城壁で囲まれた町でした。 現在は、 …

ハイデルベルクの市庁舎

この建物はハイデルベルクの市庁舎。 プファルツ継承戦争でハイデルベルクの 町が破 …

ハイデルベルクのギャラリー・シュテファン

地球の歩き方に掲載されているショップの 「ギャラリー・シュテファン」 路地裏にひ …