世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

シャルロッテンブルク宮殿の緑の控えの間

   


当初、この部屋は
ソフィー・シャルロッテの

寝室へとつながる前室として
使用されていました。

その後、東側へ宮殿が
拡張工事されて、

より大きな前室が
完成した事で、

この部屋は控室と
なりました。

フレデリックの時代には、
もともと板だった壁が、

黄色い布で覆われる
ようになります。

現在は、壁にはタペストリーが
取りつけられていますが、

これは、第二次世界大戦の
後になって、大きな被害を
受けたポツダム宮殿から

ここに避難する形で、
移動されたものになります。

ポツダム宮殿の天井画には、
ギリシャ神話の

キューピッドとプシュケの
物語が描かれていましたが、

このタペストリーのデザインは
戦争で破壊され、その後
復元される事なく焼失した

ポツダム宮殿の
天井画を連想させるものに
なっています。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

ローテンブルクのクリンゲン門

ローテンブルクの町を北に 向かう形のクリンゲン通り。 あまり観光客が多くない 通 …

リューデスハイムの郵便ポスト

都市部の郵便ポストの色や 配送業者の車の色など、 ドイツの郵便カラーは 黄色を多 …

ユリウス・シュノル・フォン・カロルスフェルト作の善きサマリア人
ジョヴァンニ・バッティスタ・ティエポロ作の「クロッタ家の守護聖人」
フォルクスワーゲン Käfer 82E
フランクフルトの聖母教会
マイセンのフラウエン教会

時計台の部分にマイセン磁器の グロッケンシュピール(組鐘) を持った マルクト広 …

BMW R47
ロレンツォ・サバティーニ作の「パンとルーナ」
ドレスデンのコーゼルパレー

クリームイエローの優雅な館。 ザクセン宮廷の雰囲気が漂う この建物ですが、 ドイ …