世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

1938年式 メルセデスベンツ 260D プルマン セダン

      2018/09/28


メルセデスベンツの260Dは、
世界で初めてディーゼルエンジンを
搭載した大型の自動車になります。

ディーゼルエンジン用の燃料は
ガソリンに比べ安価で、

しかもエンジンの
燃費も良かったため
非常に経済的でした。

そのため、260Dは
タクシーとして
使用されたり

旅行距離旅行用の車として
大きな需要があったそうです。

詳しい燃費までは
博物館の案内に記載が
なかったので不明ですが、

例え、現代の車と比較して
大したことがなかったとしても

当時の基準からすれば、
燃費が良かったのは
間違いありません。


▼スペック
4気筒 2545cc
45馬力 3000回転
最高速 95km/h
生産年 1936-1940年
生産数 1967台

▼アクセス


あわせて読みたい関連記事

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

ミュンヘンのテアティーナ教会

豪華な装飾な特徴のバロック様式の この教会は、 「テアティーナ教会」 と呼ばれて …

城壁で囲まれた町、ニュルンベルク

ヨーロッパを旅すると 城壁で囲まれてる町を 多く見かけます。 ここドイツの ニュ …

ゴッホ作のヌエネンの農家
ホーエンシュヴァンガウ城

もともとは12世紀に 建設されたものの、 長い間廃墟になっていた シュヴァンシュ …

ドイツ鉄道のモバイルターミナル
ヘラルト・デ・ライレッセ作の「ナルキッソス」
ポルシェ 911 SC カレラ
ポルシェ 356/2 クーペ
ポルシェ911 2.0クーペ
ロレンツォ・サバティーニ作の「パンとルーナ」