世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

1937年式 メルセデスベンツ DB601 航空機エンジン

      2018/09/24


メルセデスの航空機エンジン
DB601は、世界で初めて

インジェクション方式の
燃料噴射装置を搭載した
モデルになります。

ガソリンと空気の混合を
当時は主流な方法であった
キャブレターではなく

シリンダー内で直接行った事で
出力向上へとつながりました。

この時の出力向上の技術は
もの凄い完成度で、

それを裏付けるのが
このエンジンを搭載した、
Me209という飛行機が

1939年に、754km/hという
速度を記録した点です。

この記録は、その後30年間
破られる事はなかったそうです。


▼スペック
気筒数 V12
排気量 33929cc
パワー 1100馬力
回転数 2400/min
生産年 1937-1942年
重量 610kg

▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

暗号スライダー
2001年式 メルセデスベンツ スプリンター 313 CDI 移動式集中治療室

ドイツのレスキュー車両や 救急車両において、 マーケットシェアの 80%も占めて …

メルセデスベンツ 630K
MV アグスタ F4
フォード サンダーバード コンバーチブル
ダルムシュタットのマチルダの丘

ダルムシュタットの町の中心部は 第二次世界大戦の空爆で 多大な被害を受けたために …

貨物列車の機関車 Preuß G3 ザールブリュッケン 3143
マセラティ 250F
1979年式 メルセデスベンツ O 303 ツーリングコーチ
ハンブルク市庁舎