世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

1969年式 メルセデスベンツ LO 1112 オムニバス

   


1966年から1972年の間に
合計4848台が製造された
ベンツのバス LO 1112。

博物館の展示車両は、
1969年式となりますが、

Hector Prietoという人物が
このLO 1112を使用し、

1969年にブエノスアイレスで
バス会社を始めました。

見た目が非常に派手ですが、
当時のアルゼンチンでは
このような感じで

多くのバス会社が
人の目を惹き付けるような

色とりどりの装飾を
施したバスを投入するのが
一般的だったようです。

一見するとおもちゃのような
印象を受ける

運転席の前方が短い
ショートノーズな
デザインのLO 1112は、

ブエノスアイレスにある
メルセデスベンツの工場で
造られたものになります。

バスの後部も派手にペイント。
まるで遊園地の乗物みたいですね。


▼スペック
6気筒 5104cc
120馬力 3000回転
最高速 97km/h
座席数 21席
生産年 1966-1972年
生産数 4848台

▼アクセス



あわせて読みたい関連記事

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

ダイムラーの消防車

初めてガソリンエンジンを 搭載した1892年製の消防車。 といっても自走する 消 …

2016年 メルセデス AMG GT3
ミュンヘンのミヒャエル教会
ケルンのマルクト広場

ケルンの市庁舎前の マルクト広場。 ケルンのみならず ヨーロッパの旧市街には 広 …

BMWのエンジン P60 B40
カール・テオドール橋の南京錠

ハイデルベルクのカール・テオドール橋には 多くの南京錠が取り付けられています。 …

BMW K75RT
フランクフルトのクリスマスマーケット
ベルリンのボーデ博物館

博物館の島の北端に位置する ボーデ博物館。 週末には目の前の広場で 蚤の市が開催 …

1938年式 メルセデスベンツ 260D プルマン セダン

メルセデスベンツの260Dは、 世界で初めてディーゼルエンジンを 搭載した大型の …