世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

ド・ディオン=ブートンのエンジンを搭載したフランスの自動車

   


ブリュッセルのオートワールドに
展示してあった車両で謎(失礼・・・)
だった一台。

なぜ、謎かというと
他の車両にはメーカー名や
車両の名前の記載がありますが

写真の車に関しては
Automoto 1899年 フランス製
としか記載がなかったからです。

ネットで調べても詳しい事は
全く分かりませんでした。

ちなみにエンジンは
ド・ディオン=ブートン社の

1.2馬力を発揮する単気筒エンジンを
搭載していますが排気量は不明。

自転車のようなハンドルが
付いていて運転手は後方、

前方座席にもう一人座れる
ようになっています。

見た感じ全体的に簡素な
造りのため、もしかしたら

自動車メーカーが
製造したものではなくて

個人がDIYで自転車を改造し
ド・ディオン=ブートン社の

エンジンを搭載して造った
車両かもしれませんね。

それであれば、いくら調べても
詳しい事が分からなかった事も
納得がいきます。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ベルギー

スポンサード リンク

  関連記事

バーミンガム・スモール・アームズ(BSA)のオートバイ
ベルギーのレース店 「Belgian Art Lace」

ベルギーは伝統工芸品として レースが有名のため 町を歩いていると 至るところで …

ルーベンスの自画像
ディナンのノートルダム教会

ムーズ川沿いにある ディナンという町。 のどかな印象ですが、 歴史的に見ると 悲 …

ブルージュのレストラン T Schrijverke
ベルギーのゲントにある聖ハーブ大聖堂
オペルのクラシックカー 1911年製
デトロイト・エレクトリックの1916年製 電気自動車

現在、電気自動車の普及に向けて いろいろな取り組みがされていますが 実は、電気自 …

ブルージュの宝石店 ダイヤモンドハウス Brugs Diamanthuis

15世紀にブルージュで ダイヤモンドの研磨技術が 発明されてから ダイヤモンドは …

フォーミュラーカーのコックピット目線

ブリュッセルのオートワールドに 展示されていたシートに座れる フォーミュラーカー …