世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

ケルンの聖アルバン教会

   


現在は廃墟となっており
柵が設置されて

中に入る事ができない
聖アルバン教会。

1172年に建てられたのが
始まりと言われる教会。

聖アルバン教会や
その周辺での発掘が

行われていないため
建物の歴史については

不明な点が多いようですが

歴史上、何度も改築や
再建されてきたのは
分かっているようです。

しかし、第二次世界大戦の
空襲で破壊された後は
修復や再建がされずに

窓や屋根がない状態の
廃墟のような形で
保存されています。

何故かというと
破壊された状態の遺跡に

大戦時の戦死者の慰霊碑を
設置する事で

戦争の悲惨さ
平和の大切さ

を伝えるのが目的のような
記述がありました。

(ドイツ語訳なので間違っているかも・・・)


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

ポルシェミュージアムに展示されていた飛行機用エンジン
ケルン大聖堂の見学 その2
BMW R NINE T
シャルロッテンブルク宮殿の寝室

フリードリヒI世の時代は ブルーのサテンで壁が 覆われていた寝室。 フリードリヒ …

ポルシェ タイプ 754 T7
ポルシェ 924
ハンブルクのレストラン兼ホテル Das Feuerschiff LV 13

港町ハンブルクには古くなった 船を博物館にして公開したり 船体の寝室を利用した …

ミグネット HM14 Himmelslaus
フランクフルトの大聖堂(カイザードーム)

遠くからでも目立つ 高さ95mの塔が印象的な 「皇帝の大聖堂(カイザードーム)」 …

ギーセンのパークホテル

田舎町ギーセンにある こちらのパークホテル。 見ての通り、ボロくて 部屋数も少な …