世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

京都の落柿舎

   


1遠くに見えるのは松尾芭蕉の
弟子である向井去来の別荘です。

落柿舎という名前が付いていますが
商人が、ここの柿を買う約束をしたものの、

大風で柿の実が落ちてしまったという
故事が名前の由来。

しかし、現在残っている建物は
当時のオリジナルではなく
江戸時代に再建されたもので

場所も建物も松尾芭蕉の時代とは
完全に違うため

・古い家の周囲には40本の柿の木があった。
・1691年4月から5月まで松尾芭蕉が滞在した。

との解説を読んでも、いまいち
ピンとこないのが現実です。

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - 日本

スポンサード リンク

  関連記事

神奈川県横浜市のみなとみらいにある赤レンガ倉庫のクリスマスマーケット2016

去年、65万人以上が足を運んだと 言われているクリスマスシーズンのイベント 『ク …

京都の地主神社

京都の清水寺の近くにある 地主神社(じしゅじんじゃ) 地主神社は神社や寺院を建て …

兵庫県の明石城跡

明石城跡が残る明石公園。 明石公園の松は風格があります。 遠くに明石城が見えます …

京都の仁和寺

京都の仁和寺の門。 ここは東門で、正面のニ王門ではないのですが、 大通り沿いにあ …

奈良の春日神社

古い町並みが残る 今井町にある春日神社。 創建年は不明となっていますが 江戸時代 …

奈良国立博物館

ルネッサンス様式の建物が 印象的な奈良国立博物館。 ちなみに正面入口のように見え …

宇都宮のバー アルクール

餃子店で食事をした後に、 足を運んだのが、 こちらのバー アルクール。 カウンタ …

京都府立図書館

和の古い建物が多く残る京都において 洋風の建築は非常に目立ちますが こちらは日本 …

京都の茶ろん 瑞庵

京都の平安神宮の近くにある 茶ろん 瑞庵(さろん ずいあん) 外観は定食屋さんの …

京都の大雲院

通常は非公開のため 中に入る事ができない 大雲院(だいうんいん)。 1587年に …