世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

ハイデルベルク城のイギリス館

   


DSC00385現在は、屋根がなくなり
一部分が残るのみの

この建物はイギリス館と
呼ばれています。

なぜ、ドイツにある建物なのに
イギリス館という名前が付いてる
のかというと、

フリードリヒ5世の妃で冬の王妃と
呼ばれる、イギリス王女

エリザベス・ステュアート

が由来だからです。


フリードリヒ5世
エリザベス


といえば、
なんと言っても

DSC00334エリザベス門の
エピソードでも知られています。

詳しくはこちら>>

フリードリッヒ5世とエリザベスは
結果的には、夢のカップルと
言われた政略結婚でしたが

当初、エリザベスはフリードリッヒ5世との
結婚を望まなかったようです。


しかし!!


フリードリッヒ5世が、求婚のため
イングランドに訪問したことにより


彼の容姿はエリザベスと
イングランドの人々の心をとらえて、
結婚することが決まりました。


気になる

フリードリッヒ5世
エリザベス


の容姿ですが、

当時の木版画では
こんな感じっ!!

kf_f5デ・パッセ作の木版画。

左 フリードリッヒ5世
右 エリザベス

が描かれています。

DSC00385エリザベスが由来の、現在は
廃墟となっているイギリス館。

当時と同じような使われ方は
もちろんされていないものの

現在、この建物を利用して
約300席が設けられて演劇が
上演されます。

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

メルセデス シンプレックス
マイセンのフラウエン教会

時計台の部分にマイセン磁器の グロッケンシュピール(組鐘) を持った マルクト広 …

リューデスハイムのレストラン「Stadt Frankfurt」
シャルル=フランソワ・ドービニー作のノルマンディーの沿岸
統一ドイツの象徴ブランデンブルク門

今では自由に行き来ができるように なったものの、東西ドイツ時代は この近くにベル …

アウグスブルクの地ビール レストラン「Riegele WirtsHaus」
ニュルンベルクのショッピングエリア「カロリーネン通り」

この通りはニュルンベルクの歩行者天国 カロリーネン通り 日本でもお馴染みのブラン …

ヨハン・デビッド・パサヴァント作のエリザベスとジョンの聖家族

ドイツのフランクフルトで 生まれた画家の ヨハン・デビッド・パサヴァントが、 ( …

シュトゥットガルトのクリスマスマーケット

シュトゥットガルトの 宮殿広場で開催される クリスマスマーケット。 大きな鉄道模 …

ハンブルクのミニチュアワンダーランド Vol.38

ナポリにあるヴェスビオス山の ような山や、 古代ローマ建築の 定番である水道橋が …