世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

タリン旧市街のヴィル門

   


エストニアの首都である
タリンの旧市街の

出入り口にある
ヴィル門。

14世紀に建てられたもので
当時は外敵の侵入を防ぐために
町全体が城壁で囲まれており、

この2つの塔は監視塔として
使用されていました。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - エストニア

スポンサード リンク

  関連記事

タリン旧市街にある聖ニコラス(ニグリステ)教会

この教会は、船乗りの守護神聖人 であるニコラスに捧げられ、 13世紀前半にドイツ …

タリン旧市街にあるブラックヘッドの会館

こちらはエストニアのタリン旧市街にある 「ブラックヘッドの会館」 と呼ばれる建物 …

タリンのホテル「オリジナル ソコス ホテル ヴィル」
タリン旧市街のトームペア城とのっぽのヘルマン

タリン旧市街にあるトームペア城。 ただ、正面から見た感じは、 どう見ても宮殿です …

タリン旧市街の聖霊教会

14世紀の半ばには、現在の姿にまで 改築が整ったとされている聖霊教会。 市庁舎と …

タリン旧市街の散策

タリン旧市街で一番賑わっているのが、 メインストリートのヴィル通り。 さまざまな …

タリンのフェリーターミナル Reisiterminal A

エストニアの首都である タリンにあるフェリーターミナル。 1日の便数は少ないよう …

タリンの町で見かけた看板

ヨーロッパの町を歩いていると 各国で印象的な看板を見かけますが、 こちららはエス …

タリン旧市街のラエコヤ広場と旧市庁舎

タリン旧市街の中心地である 「ラエコヤ広場」 ここはデンマーク人に占領される以前 …

エストニアの自動車ナンバー

ヨーロッパの自動車の ナンバーは、ブルーの 欧州旗の部分に 国名を意味する アル …