世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

ピーテル・パウル・ルーベンス作の「狩りから戻ったダイアナ」

   


バロック期のフランドルの画家である
ピーテル・パウル・ルーベンス
(1577-1640)が、

1623年に描いた作品の
「狩りから戻ったダイアナ」

ギリシャ神話では狩りの
女神して知られるダイアナ。

彼女が狩りから
帰ってきたところを、

ダイアナとその仲間たちを
果物で誘惑しようとする

サテュロスに遭遇する
シーンを描いています。

ちなみに、この作品ですが
動物と果物の箇所に関しては、

当時、アントワープの静物画の
スペシャリストと称された

フランス・スナイデルス
(1579-1657)が描きました。




▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

フィアット 500F
ジャン=フランソワ・ミレー作の「肖像画」

バルビゾン派の代表的な 画家の1人であり、 美術の教科書でもお馴染みの ミレー( …

バルナバ・ダ・モデナ作の「聖母子像」
ケルンの香水博物館
フランクフルトからハイデルベルクへのドイツ鉄道の電車での行き方と時間と料金

フランクフルトの中央駅から ドイツの人気観光スポットである ハイデルベルク への …

フランドルの画家の作品「アレキサンダー大王とディオゲネス」
ミルテンベルクの売物件

外壁に取り付けられた 看板が印象的な こちらの建物ですが、 入口にホテルとの 記 …

フランクフルトのアルテ・オペラ

フランクフルトの都市部を歩いていると 町の一角にルネッサンス風の建物が 見えてき …

ポルシェ 911 GT1
マイセンのアルブレヒト城と大聖堂

エルベ川を見下ろす丘の上に建つ アルブレヒト城。 修復が終わったばかりのため 外 …