世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

ヨハン・ヘンドリック・ルース作の「廃墟で休む羊飼いの家族」

   


ドイツの画家である
ヨハン・ヘンドリック・ルース
(1631-1685)が、

1680年に描いた絵画の
「廃墟で休む羊飼いの家族」

ヨハンは1640年の30年戦争から
疎開をするために、

アムステルダムに
移住をしていました。

その際、レンブラントの
弟子としては登録されて
いなかったものの、

1647年から1653年まで
アムステルダムで
絵の勉強をします。

その後、1664年に
チャールズ1世の宮廷で
絵を描くようになり、

1667年にフランクフルトに
移住後はさらに大成功を
収めました。

しかし、1685年に家が
火災の被害に遭い、

4人の息子と1人の娘は
助かったものの、

ヨハンは燃え上がる家から
財産を持ちだそうとして
命を落としてしまいました。

生き残った子供たちは
父親の意思を引き継ぎ
画家として成功します。

美術館は1840年に
この作品を入手し
現在に至ります。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

Leichter Zugkraftwagen 1t ハーフトラック Sd Kfz 10
インディアン パワープラス
シャルロッテンブルク宮殿のルイーズ女王の寝室
ローテンブルクのレーダー門

ローテンブルクを含めて、 中世の町というのは 外敵の侵入を防ぐために、 周囲を城 …

ヴェッツラー聖堂

ドイツで最も古い 同時教会の1つで、 カトリックと プロテスタントの クリスチャ …

エルプフィルハーモニー・ハンブルク
ミュンヘンのイーザル門

かつてミュンヘンは、外敵の侵入を 防ぐために、城壁で囲まれた町でした。 現在は、 …

フランドル画家の作品「パンを持つ少年」
カール・エンゲル・フォン・デア・ラベナウ作の「家族の肖像画」
BMW 507 プレスリー