世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

カルロ・クリヴェッリ作の「お告げを受ける乙女マリア」

   


イタリアのルネサンス初期の
画家である

カルロ・クリヴェッリ
(1430/35-1494/95)が、

1482年に描いた絵画の
「お告げを受ける乙女マリア」

彼の祭壇画のほとんどは、
19世紀初頭までは

教会に設置されていたと
考えられていますが、

ナポレオンの侵攻と
イタリア統一の混乱により
取り外されてしまい、

美術館など世界中に
散らばってしまいました。

現在では一部の作品のみが
礼拝堂に存在するのみと
なっています。

美術館は1832年に
この作品を入手し
現在に至ります。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

ベルリンの新博物館
マックス・リーバーマン作の「サムソンとデリラ」
シャルロッテンブルク宮殿の謁見の小間

シャルロッテが亡くなった後 フレデリック1世は、 彼女が謁見の間として 使用して …

イトシュタインの魔女の塔
1889年のパリ万博に出展されたダイムラーの四輪自動車 Stahlradwagen
ユストゥス・ユンケル作の「フルーツ」
ポルシェ 356B 2000GS カレラGT
ヨハン・コンラート・ゼーカッツ作の「ダフネを追求するアポロ」
ポルシェ 356 SC
ドメニコ・ザンピエーリ作の「若い男の肖像画 」