世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

ピエール・ピュヴィ・ド・シャヴァンヌ作の「砂漠のマグダラのマリア」

   


フランスの画家である
ピエール・ピュヴィス・ド・シャヴァンヌ
(1824-1898)が、

1870年に描いた油彩画の
「砂漠のマグダラのマリア」

ピエールは、織物業の
名門の家に生まれ、

将来は家業を継ぐ
予定でしたが、

病気にかかってしまい
勉強を中断することになり、

その後、療養中に訪問した
イタリアがきっかけで

画家を目指すように
なりました。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

ライプツィヒ中央駅
カピトール丘の聖母マリア教会

ケルン市内で最大のロマネスク様式の 教会である聖母マリア教会。 690年からの歴 …

アシャッフェンブルクのホテル Zum Goldenen Ochsen(ツム ゴールデネン オクセン)
マックス・ベックマン作の「肖像画」
アブラハム・ミグノン作の「砲廓の静物画」
ウィレム・ヴァン・エルプI作の「アブラハムへ訪問した天使たち」
ピーター・フェイン作の「寓意画」
ハンブルクのミニチュアワンダーランド Vol.13
ポルシェ 908/03 スパイダー
BRM P160