世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

ハンス・トーマ作の自画像

   


ドイツの画家である
ハンス・トーマ
(1839-1924)が、

1899年に白樺の森を
背景に描いた自画像。

ハンスは、ミュンヘンや
フランクフルトで活動し、

1899年からは
カールスルーエの

美術学校の教授も
務めました。

美術館は1902年に
この作品を入手して
現在に至ります。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

ライプツィヒ新市庁舎
BMWの飛行機用エンジン 003
クロンベルクのブラッスリー「Wasser & Bourgeoisie」
ドレスデンのゼンパーオペラ(ザクセン州立歌劇場)
ローテンブルクの雑貨店「ライク」

ここは、ロウソクが立てられる 陶器製の家の置物を販売する 「ライク」 というショ …

バードヴィンプフェン

古城街道のなかでは 最も美しいといわれている バードヴィンプフェン。 町の案内図 …

カール・ホーファー作の「盲目の男性と女性」
ヨハン・ヘンドリック・ルース作の「イタリアの風景」
ニュルンベルクの中央広場にある美しの泉

ニュルンベルクの中央広場には 金色に輝く美しの泉があります。 天気が悪いのが残念 …

フランクフルトのパウルス教会