世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

ジャン=フランソワ・ミレー作の「肖像画」

   


バルビゾン派の代表的な
画家の1人であり、

美術の教科書でもお馴染みの
ミレー(1814-1875)が、

1841-1848に描いた
肖像画。

ミレーというと「落穂拾い」
などの農民画で有名ですが、

肖像画家としての
活動歴もあります。

幅広く注文を受け付けて
50点以上は肖像画を
製作しました。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

フランクフルトの大聖堂(カイザードーム)

遠くからでも目立つ 高さ95mの塔が印象的な 「皇帝の大聖堂(カイザードーム)」 …

リューデスハイムの聖ヤコブ教会

11世紀に建てられたのが 始まりの聖ヤコブ教会。 教会の入口の扉には ワインの産 …

高速列車 VT877

第一次世界大戦後、 列車の速度は 交通機関同士の 企業競争において 重要な要素と …

ローテンブルクの雑貨店「ライク」

ここは、ロウソクが立てられる 陶器製の家の置物を販売する 「ライク」 というショ …

フォルクスワーゲン ビートル
ヴォルムスの噴水「ジークフリートブルネン」
ドイツの電車 ICE 3
ドレスデンの聖十字架教会
ハンス・トーマ作の「ホルツハウゼン公園」
カール・エンゲル・フォン・デア・ラーベナウ作の「彫刻家のワークショップ」