世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

シボレー コルベット C1

   


製造年:1956年
パワー:250PS
排気量:4337cc
エンジン:V8

当時、プラスチックで
車が製造できるなど
誰も信じていませんでしたが、

強化プラスチックを
採用したボディで
話題になったC1。

しかし、車の形にはなったものの
温度差によってボディパネルが
歪んでしまうなどのトラブルが発生。

また、コスト面に関しては
これまの車両に比べ3倍となる
欠点もあり、

しっかりとした走行性能を
備えた車というよりも、

先進技術を取り入れただけの
雰囲気のみの車という評価で、
購入者からは苦情が殺到。

厳しい評価をすれば
いわゆる失敗作に

分類される車で
終わってしまいました。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

ポルシェ 924 カレラ GTR
ローテンブルクのコーポルツェラー門

タウバー河からの昇り道の 防御を目的として建てられた 「コーポルツェラー門」 門 …

2005年式 メルセデスベンツ SL55 AMG

メルセデスベンツとAMGが コンビを組んでリリースした 最初のSLスポーツカー。 …

プジョー 203
クローンベルクの映画館

日本の大きな建物に入った 座席数の多い映画館に 慣れていると、 いまいちピンとき …

ポルシェ 984 プロトタイプ
ハンブルクのコーヒーショップ Speicherstadt Kaffeerösterei(シュパイヒャーシュタット・カフェレステライ)

店舗の前に白いクラシックカーが 停車している事で、 赤レンガ倉庫街では 遠くから …

バンベルクの古書店

店頭に並んだ書籍を 見る限りでは、 どこでも入手可能な 普通の本を扱っている 小 …

エアフルトのレストラン アウグスティナー

川沿いに建つ尖がり屋根が 印象的な建物は、 アウグスティナーという レストランに …

シュトゥットガルトのクリスマスマーケット

シュトゥットガルトの 宮殿広場で開催される クリスマスマーケット。 大きな鉄道模 …