世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

シャルロッテンブルク宮殿のグリ・ドゥ・ラン

   


この部屋はダマスク織の
布が壁に貼られて以降、

Gris-de-Lin(グリ・ドゥ・ラン)
と呼ばれるように
なったようです。

Gris-de-Linという
ワードを調べても、

翻訳ソフトで
出てこないので

どういう意味なのが
直訳する事ができませんが、

この部屋のような壁紙を
当時の人々は、

Gris-de-Lin(グリ・ドゥ・ラン)
と呼んでいたんだと

捉えるのが無難だと
思います。

ちなみに、このカラーリングは
フレデリックの好きな
色の一つでした。

そんなグリ・ドゥ・ランも
第二次世界大戦の時に
破壊されてしまい、

戦後の復興で1982年に
再建されました。

現在、ここに展示されている
絵画は、18世紀前半のもので
愛をテーマに描かれています。

これらの絵画ですが、
元々は宮殿のいろいろな

場所に掛けられていましたが、
こうして一つの部屋に
まとめられました。

数ある絵画の中で
一番注目されているのは、

写真右手の
王がポツダム宮殿のために
1763年に入手した

フランスの画家
アントワーヌ・ヴァトー作の
「Cytheraの乗船 / embarking for cythera」

ちなみに、シャルロッテンブルク宮殿に
展示されている絵画は第二版で、

オリジナルに関しては
パリのルーブル美術館に
展示されています。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

メルセデス W150 / 770K
ヴェッツラーのラーン橋
フランクフルトのシルン美術館

円形の形をしたモダンなこの建物は 「シルン美術館」 フランクフルトの観光の中心地 …

フッセンのレストラン「Ludwigs Stüberl」
エルンスト・ルートヴィヒ・キルヒナー作の「花とミュラーの頭」
1902年式 メルセデス シンプレックス 40PS
アレッサンドロ・マニャスコ作の「僧侶の暖かい部屋」
ローテンブルクの建築主任の館

ローテンブルクの中心地である マルクト広場に近い場所に 3つの異なる建築様式の …

ローラ インディ T93
ブガッティ タイプ57