世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

高速機関車 05 001

      2019/01/26


製造年:1935年
製造者:Borsig
最高速:175km/h
全 長:26265mm
パワー:1736kW / 2360PS
重 量:130t

ワインレッドカラーの
機関車 05 001ですが、

これまでの蒸気機関車とは
ほとんど共通点がありません。

重量に関しては、130トンもある
今までで最も重い蒸気機関車に
分類されます。

そのため見た目にしても
非常に強靭に見えます。

この高速機関車の開発には
2つの目標がありました。

一つは自動車や飛行機の
発達により、

交通業界の競争が
激しくなったため

それに対抗する
必要がありました。

また、1930年代初頭には
列車の高速走行テストのため

150km/hを超える性能のある
機関車が必要でした。

新しい高速列車機関車の開発は
デザイン設計に定評のある
Borsig社が担当しています。

開発に当たって木製の
列車模型などを使い、

走行中の空気の流れを
研究する風洞実験が
行われた後、

1935年にBorsig社は

・05 001
・05 002

の2両を発売しました。

どちらの車両も
高速域での走行を

考えてデザインされた
フルカウル仕様です。

機関車の機械部分が
外からは見えない
状態ですが、

メンテナンスが
しやすいように、

カウルには多くの
フラップをシャッターが
取りつけられています。

高速機関車05 001は、
ニュルンベルクで開催された
鉄道ショーの

「ドイツ鉄道の100年」
で一般公開されました。

偶然の結果ではありますが、
1936年5月に、設計上の予想を
上回る200.4km/hを出して、

蒸気機関車の世界記録を
更新しました。

2年後に、わずかな差では
ありますが、イギリスの

機関車マラードが
202.8km/hをマークしたため

記録を更新されて
しまったものの、

それまでの間、
蒸気機関車の最速を
誇っていました。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

ポルシェ 911 カレラ RSR
ポルシェ 356/2 クーペ
アンブロージョ・ロレンツェッティ作の「はりつけ、キリスト降誕と聖人」
ハンブルクのミニチュアワンダーランド Vol.26

宮殿と敷地内の庭園を 表現したジオラマ。 実在する宮殿や庭園かは 不明ですが、 …

フェリックス・メンデルスゾーン・バドルディの記念碑

公園の中に設置されている フェリックス・メンデルスゾーン・バドルディの記念碑。 …

近代的自動車の誕生

新しいコンセプトのもと 製造されたメルセデスの車。 これまでのような 馬車にエン …

グイド・レーニ作の「聖母の被昇天」
ニュルンベルク交通博物館に展示されている1829年製の石炭車
1885年製 ダイムラーのテスト車両

ダイムラーとマイバッハが 共同でエンジンを開発する際、 初期の頃に使用していたの …

ウルムの州立公園ドナウヴィーゼ・ウルム

霜が降っているため 緑色の芝が分かりにくいですが ここはドナウ川沿いにある 州立 …