世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

1886年製 ダイムラーの小型エンジン

   


1886年にダイムラーが
世の中にリリースした
小型のエンジン。

蒸気でも電気でもない
別の動力源が必要とされた
時代に開発されたものですが、

その動力源となったのが、
現代でもお馴染みの
ガソリンエンジン。

当時、ガソリンを燃やして
動力源とする内燃機構は、
世界初だったわけで、

ダイムラーは、リリースする
前年の1885年に特許を
取得したようです。

翌年、1886年にリリースした
エンジンには、

改良が加えられており
試作機よりもパワフルになって
登場しました。

このエンジンの面白いのが
その名前。

直訳すると
「祖父の時計」

名前の由来が謎だったんですが、
このエンジンの解説プレートに
記載がありました。

博物館の説明によると、
祖父の時計に似ていたから
その名前を付けたようです。

てっきりエンジンの動作音が
機械式の時計の音がするからだと

思っていましたが、
とんだ勘違いでした。

よく考えたら、
いくら昔のエンジンとはいえ

単気筒エンジンから、
そんな音が出るわけ
ありませんね。


▼エンジンスペック
単気筒 462cc
1.1馬力 650回転
重量 92kg


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

バンベルクの旧市庁舎

バンベルクの町を流れる レグニッツ川の中の島に 建つ旧市庁舎。 1387年に創設 …

フリードリヒ・オーファーベック作の「芸術における信仰の勝利」

ドイツの画家である フリードリヒ・オーファーベック (1789-1869)が、 …

BMWのアートカー

BMWのZ1をベースに ドレスデン出身の アーティストである A.R.ペンクが …

マイセンのブルク通り

マルクト広場からアルブレヒト城へと 続いているブルク通り。 ここは雑貨店や飲食店 …

アシャッフェンブルクの自然史博物館

大通りに面した非常に目立つ こちらの立派な建物ですが 何かと思って調べたら 16 …

インディアン パワープラス

製造年:1916年 パワー:12PS 排気量:1000cc エンジン:2気筒 イ …

ランボルギーニ カウンタック LP500S

製造年:1986年 パワー:455PS 排気量:4800cc エンジン:V12 …

アンドレア・デル・ヴェロッキオ作の「聖母子像」

イタリアのルネサンス期の 画家であり 彫刻家 建築家 鋳造家 金細工師 としても …

ポルシェ 911S 2.7クーペ

製造年:1977年 エンジン:水平6気筒 排気量:2687cc パワー:165P …

ドラッグスター ダコタ

シャーシ:1998年式 ドラッグスター パワー:5500PS 最高速:480km …