世界遺産巡り 海外旅行写真集

見れば見るほど、あなたの世界観が激変する写真が盛りだくさん!

*

ブルージュの老人ホーム WZC Minnewater

   


世界遺産の町ブルージュにある
歴史のありそうなこの建物。

博物館か何かかと
思ったんですが

調べてみたところ
1892年に修道院として

建てられたのが
始まりのようです。

その後、第二次世界大戦からは
1977年まで病院として
使用されました。

修道院の造りがやはり病院向きと
いったところなんでしょうか?

この施設に限らず、
大戦中は修道院が

兵士のための病院として
使用されるケースが多い。

ちなみに現在は、
介護付き住宅(老人ホーム)
として使われています。

料金は1日当たり約4500円と
なっているようです。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

 - ベルギー

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

フランス・スナイデルスの油彩画
フェラーリ F12ベルリネッタ
ダニエル・セーヘルスの油彩画

17世紀の時代、花は贅沢品に 分類されたため。 お金持ちのみが高価な 花を購入す …

アントワープの市庁舎前広場 グローテマルクト

アントワープの町の名前の由来と なったという伝説を表した ブラボーの噴水がある …

フォーミュラーカーのコックピット目線

ブリュッセルのオートワールドに 展示されていたシートに座れる フォーミュラーカー …

ベルギーのゲントにある聖ハーブ大聖堂

12世紀に建設が始まり 16世紀に完成した 聖ハーブ大聖堂。 教会内部の写真撮影 …

フェラーリ Ferrari 412
ルーカス・フェーダベ作の焼き物「ヘラクレス」

ルーベンスの弟子や 友人のルーカス、 彫刻家や建築家など 17世紀の多くの芸術家 …

ブルージュの聖血礼拝堂

12世紀に十字軍に参加した フランドル伯である ティエリー・ダルザスが コンスタ …

ウィルヘルム・シューベルト・バン・エーレンバーグが描いたセントチャールズボロメオ教会の内装

その豪華な内装が理由なのか セントチャールズボロメオ教会は、 当時の人々にとって …