世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

ブルージュの老人ホーム WZC Minnewater

   


世界遺産の町ブルージュにある
歴史のありそうなこの建物。

博物館か何かかと
思ったんですが

調べてみたところ
1892年に修道院として

建てられたのが
始まりのようです。

その後、第二次世界大戦からは
1977年まで病院として
使用されました。

修道院の造りがやはり病院向きと
いったところなんでしょうか?

この施設に限らず、
大戦中は修道院が

兵士のための病院として
使用されるケースが多い。

ちなみに現在は、
介護付き住宅(老人ホーム)
として使われています。

料金は1日当たり約4500円と
なっているようです。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

 - ベルギー

スポンサード リンク

  関連記事

Frans Duquesnoyのレリーフ

この作品は、ローマの詩人 ヴァージル(紀元前70年から紀元後19年) によって語 …

グランプラスの北のグループの建物

世界一美しい広場と称される ブリュッセルの広場 グランプラスには 数多くの壮麗な …

ブルージュのマルクト広場

ブルージュの町の中心である マルクト広場。 広場の周りには レストラン 州庁舎 …

ブルージュのレストラン Le Panier D’Or

ブルージュの町の中心である マルクト広場に面した 絶好のロケーションの レストラ …

アントワープのブラボーの像

アントワープの市庁舎の前には 町の名前の由来となった人物 「ブラボー」の像が立ち …

フェラーリ Ferrari 308 GT4

ブリュッセルのオートワールドに 展示されていたフェラーリ308GT4。 308G …

アントワープのダイヤモンド販売店

世界のダイヤモンドの 研磨・取引の中枢である アントワープには、 中央駅を出て1 …

ベルギーのゲントにある市庁舎

15世紀に建設が始まり 18世紀に完成したため、 各時代の様式が 入り混じった …

オペルのクラシックカー 1911年製

ブリュッセルのオートワールドに 展示されていたクラシックカー。 1863年創業の …

油彩のスケッチ画

より大きな作品や 他の作品を描く際の 練習として書かれた 小さな油彩画。 また、 …