世界遺産巡り 海外旅行写真集

約30ヵ国を旅して撮影してきた写真を配信しています! 毎日更新!! since 2007/10/20

*

ハイデルベルク城のフリードリヒ館

   

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`evernote` not found]

DSC00338この建物は、ハイデルベルク城の
敷地内にある

フリードリヒ館

マンハイムの創設者である
選帝侯フリードリヒ4世が
名前の由来。

彼は、当時すでに崩れかけていた
場内礼拝堂と居館の場所に

1601年から1607年にかけて
このフリードリヒ館を建てました。

photo1地図で見ると、この位置です。
ちょうど、中庭に面する形に
なっています。

DSC00338この館の名前の由来となった
フリードリヒ4世ですが

とんでもない人物といえば
とんでもない人物です。

ある時は

カトリック領主と
プロテスタント領主の間の
対立を激化させ

ある時は

自分の遊興に国のお金を
つぎ込み、財政を破綻させました。

DSC00338フリードリヒ館の外壁には選帝侯の
先祖の像が飾られています。

等身大よりは少し大きめに作られ
上の像ほど足が短くなっているのが
特徴です。

なぜかというと、下から見上げた時に
全部の像と釣り合いを取るのが目的
だからです。

ちなみに!!

設置されているのは、すべてコピー品。

オリジナルは風化を防ぐために
館内で保存されています。

飾られている人物ですが

最上部の左から

1カール大帝

1 (1)バイエルン公オットー1世

1 (2)バイエルン公ルードヴィヒ1世

1 (3)バイエルン公兼ライン宮中伯ルドフル1世


一段下がり左から

1 (4)神聖ローマ皇帝ルードヴィヒ4世

1 (5)プファルツ選帝侯ループレヒト1世

2ハンガリー王オットー

1 (6)デンマーク・ノルウェー・スウェーデン王クリストファ3世


一段下がり左から

DSC00341ハイデルベルク大学を作ったループレヒト1世

1 (7)プファルツ選帝侯フリードリヒ1世

1 (8)プファルツ選帝侯フリードリヒ2世

DSC00342プファルツ選帝侯オットー・ハインリヒ

一段下がり最下部左から

1 (9)プファルツ選帝侯フリードリヒ3世

1 (10)プファルツ選帝侯ルードヴィヒ6世

1 (11)プファルツ=ジンメルン公ヨハン・カジミール

そして!!

最後に紹介するのが

DSC00340国のお金を遊びに使いまくり
財政を破綻させたフリードリヒ4世。

彼は

「故人となり、初めて完全な正気に戻った」

なんて言われてしまう始末でした。

あまり教育を受けなかった
フリードリヒ4世ですが

人文科学

に興味を持ち、今も残る
ハイデルベルク大学に

歴史学
オリエント学

の講座を開設した
功績も持ちます。

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

カピトール丘の聖母マリア教会
1944年式 メルセデスベンツ DB603 航空機エンジン
ミュンヘンのオリンピック塔
ドイツのフランクフルトで海外SIMを購入する方法
ダイムラーのベルトドライブ自動車
ケルンの魚市場前の建物
ローテンブルクの城壁を歩く
ニュルンベルクのフラウエントーア塔
ベルリンのニコライ教会
クローンベルクの福音教会