世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

切符を買ったら忘れずに

   


DSC01619海外旅行に行ってカルチャーショック
だった事の一つに、日本と違って改札が
ない国が多く、

やろうと思えば、無賃乗車が簡単に
できてしまう点が挙げられます。

さすがに、日本で言ったら新幹線のような
郊外まで走る高速鉄道は、100%車掌が
チケットを確認しにくるので無理ですが

市内をチョロチョロ走る

地下鉄
トラム

に関しては、ほとんどノーチェック。

切符を見せてくれと言われた経験は
これまでに一度のみです。

ちなみに、それはハンガリーでの事で
ここドイツでは経験ありません。

写真はミュンヘンのBMW博物館近くの
駅の入口ですが、ご覧のように刻印機が
設置されているだけで

だれの監視もなく、すり抜けが
できないようなゲートになっている
わけでもないので

簡単に階段を下りて地下鉄の
ホームへ行くことが可能です。

ただ、もしばれてしまった場合は
罰金の対象になりますし

外国の操作方法の良く分からない
券売機で苦労して切符を買うのも
旅の醍醐味♪

きちんと切符を買って
無賃乗車はなるべくやめましょう。


マーヴェリックは・・・・・・
(ブログ作者のニックネーム)


も、もちろん・・・・・・


基本は・・・・・


毎回払っています!!!


あと切符を買った後は、近くに刻印機が
あるときは、刻印も忘れずに。

せっかく切符を買っても刻印がなかった場合
無賃乗車とみなされるケースもあるようです。

ルールを守って正しく電車に乗るべし♪

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

アミルカー CC

製造年:1922年 パワー:30PS 排気量:903cc エンジン:4気筒 自動 …

バンベルクの ミュラー7 カフェ & バー

バロック様式の宮殿風の こちらの建物は、 カフェ & バーの ミュラー …

エルンスト・ルートヴィヒ・キルヒナー「森に潜むカモメのハンター」

ドイツの画家である エルンスト・ルートヴィヒ・キルヒナー (1880-1938) …

エアフルトのカトリック教会

エアフルトの町の 中心部にある カトリック教会。 遠くからでも見える 高い尖塔が …

シャルロッテンブルク宮殿の謁見の小間

シャルロッテが亡くなった後 フレデリック1世は、 彼女が謁見の間として 使用して …

エアフルトのメソジスト教会

1110年に礼拝堂として 設立されたのが始まりの メソジスト教会。 1293年、 …

ハイデルベルク城の橋楼と城門塔

ハイデルベルク城の橋楼と 呼ばれる門。 この先は入場料が 必要になります。 ケー …

ハンマースホイ作の「白い扉」

デンマークの画家である ヴィルヘルム・ハンマースホイ (1864-1916)が、 …

ウルムのシュヴェールハウス

もともと礼拝堂があった場所に 17世紀の初めに建てられた シュヴェールハウス。 …

ポルシェ ディーゼル ジュニア 108 トラクター

製造年:1958年 パワー:14PS 排気量:822cc エンジン:単気筒 19 …