世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

グイド・レーニ作の「聖母の被昇天」

   


イタリアの画家である
グイド・レーニ
(1575-1642)が、

1596/97年に描いた絵画の
「聖母の被昇天」

カトリック教会の
用語である
聖母の被昇天は、

聖母マリアが
人生の終わりに、

肉体と霊魂を伴って天国に
あげられたという信仰で

数多くのアーティストが
作品の題材にしています。

美術館は2014年に
この作品を入手し
現在に至ります。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

アンドレア・デル・ヴェロッキオ作の「聖母子像」
シャルロッテンブルク宮殿の使用人の部屋 1
オティリー・レーダーシュタイン作の「自画像」
シャルロッテンブルク宮殿のホワイトホール
Lanz Allzweckbulldog トラクター
Carnielli 持ち運びバイク
ハンブルクのアルスターアーカーデン

ハンブルクの人口湖である 内アルスター湖と エルベ川をつなぐ運河の クライネ・ア …

ハイデルベルクのマルクト広場のヘラクレス像

ヨーロッパの旧市街には マルクト広場をよく見かけます。 マルクトというのは アル …

ミュンヘンのアザム教会

この教会は、ご覧の通り両側を建物に 挟まれていて、入口も大きくないので 注意しな …

エルンスト・ルートヴィヒ・キルヒナー作の「花とミュラーの頭」