世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

グイド・レーニ作の「聖母の被昇天」

   


イタリアの画家である
グイド・レーニ
(1575-1642)が、

1596/97年に描いた絵画の
「聖母の被昇天」

カトリック教会の
用語である
聖母の被昇天は、

聖母マリアが
人生の終わりに、

肉体と霊魂を伴って天国に
あげられたという信仰で

数多くのアーティストが
作品の題材にしています。

美術館は2014年に
この作品を入手し
現在に至ります。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

ライプツィヒ中央駅
1932年式 メルセデスベンツ Lo 2000 ディーゼル プラットフォーム トラック

世界で最初となる未舗装路での 走行を視野に入れて開発された ディーゼルエンジン搭 …

フッセンの聖マング教会

時計塔が印象的な 聖マング教会。 聖マングが修道士として 暮らしていた修道院も …

マイセンのマルクト広場と市庁舎

マルクト広場に面する形で建つ 切妻屋根が特徴的な マイセンの市庁舎。 マイセンは …

ハンブルクのキャプ・サン・ディエゴ号
ポルシェ 911 GT3 RS
BMWのバイク R51
1980年式 メルセデスベンツ 300SD
ハンブルクのミニチュアワンダーランド Vol.12

時計台の形が印象的な ハンブルクにある 聖ミヒャエル教会を 再現したエリア。 実 …

フェルナン・レジェ作の「釣り人」