世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

ハンス・メムリンク作の「肖像画」

   


15世紀のフランドルの
画家である

ハンス・メムリンク
(1440年頃-1494)が、

1470-1475頃に描いた
「肖像画」

赤い縦長の帽子が
印象的な肖像画ですが、

キャンバスではなく
オーク材に描かれています。

美術館は1850年に
この作品を入手し
現在に至ります。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

ディオニュソスとアリアドネの結婚式が描かれたレキュトス
2002年 メルセデスベンツ FO 110 F1用エンジン
ケルンの聖アルバン教会

現在は廃墟となっており 柵が設置されて 中に入る事ができない 聖アルバン教会。 …

ライプツィヒ新市庁舎
ライプツィヒ マリオット ホテル

壁画が印象的な こちらの建物は、 世界チェーン展開する マリオットグループの ラ …

ニュルンベルクの聖セバルドゥス教会
1907年式 ミルンズ ダイムラー 2階建てバス

ロンドンと言えば今でも ダブルデッカー(2階建てバス)が 有名ですが、 展示車両 …

マリエン橋

ノイシュヴァンシュタイン城を 撮影するために 多くの人が足を運ぶのが あのマリエ …

ツヴィンガー宮殿のアルテ・マイスター絵画館

ドレスデンのツヴィンガー宮殿内にある アルテ・マイスター絵画館は ラファエロ フ …

マルク・シャガール作の「The Holy Cabman」