世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

ハンス・メムリンク作の「肖像画」

   


15世紀のフランドルの
画家である

ハンス・メムリンク
(1440年頃-1494)が、

1470-1475頃に描いた
「肖像画」

赤い縦長の帽子が
印象的な肖像画ですが、

キャンバスではなく
オーク材に描かれています。

美術館は1850年に
この作品を入手し
現在に至ります。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

ケルンの聖アルバン教会

現在は廃墟となっており 柵が設置されて 中に入る事ができない 聖アルバン教会。 …

ノイシュバンシュタイン城

ドイツのロマンチック街道の終点として、 人気の高い観光スポットの ノイシュヴァン …

シャルロッテンブルク宮殿の控えの間

シャルロッテンの時代、 この部屋は彼女の部屋の 隣にある謁見室の、 さらに隣にあ …

蒸気機関車 38 2884
アシャッフェンブルクのシュティフト教会
ルーカス・クラナッハ作の「聖なる血縁の祭壇画」
ハンブルクのミニチュアワンダーランド Vol.2

数多くのジオラマを 展示している ミニチュアワンダーランド。 こちらはサッカース …

シュタンベルクのシュタンドカフェ

シュタンベルク湖沿いにある シュタンドカフェ。 湖やアルプスの山々を 眺めながら …

アブラハム・ミグノン作の「砲廓の静物画」
ガロファロ作の「聖家族」