スポンサーリンク
ドイツ

1900年頃の日本製インク壺

1900年頃に日本で 製作されたインク壺。 フランクフルトの 歴史博物館の解説では ペンがセットで 残っていないのが 不明な点との記載が ありましたが、 恐らくインク壺は 最初からペンとセットでは なかったような気もします。 ▼アクセス
ドイツ

ハンス・ライスティコウ作の「虎」

ドイツのアーティストである ハンス・ライスティコウ(1892-1962)が 1924年に描いた油彩画の 「虎」 フランクフルトの 歴史博物館に展示されていた 作品になります。 ▼アクセス
ドイツ

フランクフルト歴史博物館

中世から現代までの フランクフルトの歴史に 関する品々を展示している フランクフルト歴史博物館。 時代やジャンルごとに 展示分けされており 見やすいです。 ▼アクセス
ドイツ

クローネ社の電話機 W48 1948年製

W48は1960年代まで 連邦郵便の電話機として 使用されました。 W28とは異なりW48と ほぼ同一の前モデルである W38のケースはベークライトで 作られています。 電話機はレンタルでのみ 供給されており、 信頼性が高く長持ちするように...
ドイツ

リオネル・ファイニンガー作の「聖マリア教会」

ドイツの画家である リオネル・ファイニンガー (1871-1956)が、 1929年に描いた油彩画の 「聖マリア教会」 ▼アクセス
ドイツ

シーメンス&ハルスケ社の電話機 1929年製

シーメンス&ハルスケは ベイクライトという 新しい素材を使用し これまでにないような 珍しいデザインの電話機を 開発する事によって 電話機のデザインに 新しい可能性を見出しました。 展示の電話機の正式名は モデル29となっていますが、 お座...
ドイツ

マックス・リーバーマン作の「ハールレムの豚市場」

ドイツの画家である マックス・リーバーマン (1847-1935)が、 1890-91年に描いた油彩画の 「ハールレムの豚市場」 ▼アクセス
ドイツ

ジーメンス・ウント・ハルスケ社の電話機 W28 1929年製

W28は近代的な卓上電話機の 最初のモデルのうちの1つです。 1928年以降ドイツ帝国郵便で 使用される電話機として 大量に生産されました。 小さな電話機ながら 限られたスペースの中に、 電話機として必要な すべてのパーツが 収納されていま...
ドイツ

ベルナール・ビュフェ作の「フォーブール ホテル」

フランスの画家である ベルナール・ビュフェ (1928-1999)が、 1955年に描いた油彩画の 「フォーブール ホテル」 ▼アクセス
ドイツ

テレフンケン社 T121 Wラジオ 1930年製

テレフンケン社が 1930年に製造したラジオ。 テレフンケンは、 1903年にジーメンスと AEGの合弁会社として ベルリンで設立された 無線とテレビを扱う ドイツの企業です。 1929年に世界大恐慌が 始まったにもかかわらず、 ラジオの販...
ドイツ

オスカー・ココシュカ作の「アムステルダム」

オーストリアの画家である オスカー・ココシュカ (1886-1980)が、 1925年に描いた油彩画の 「アムステルダム」 ▼アクセス
ドイツ

新聞のニュース速報 1609年発行

ストラスブールの書籍印刷業者である ヨハン・カロルス氏は、 以前は狭いエリアのみに 手書きで作成していた 新聞のニュース速報を、 大量印刷して広範囲に 配布した方が良いのでは ないかと考えました。 そして1605年になると ヨハン・カロルス...
ドイツ

マルク・シャガール作の「花束を持った花嫁」

フランスの画家である マルク・シャガール (1887-1985)が、 1924-1925年に描いた油彩画の 「花束を持った花嫁」 ▼アクセス
ドイツ

1927年のエッセイ

ドイツ語の「zeitung(新聞)」 という言葉はどこから来たのか? 新聞はどうやって販売されてきたのか? このような疑問がドイツの 新聞出版社協会の会議のために 1927年に書かれたエッセイで 解説されています。 ▼アクセス
ドイツ

フランツ・マルク作の「三匹の動物」

ドイツの画家である フランツ・マルク (1880-1916)が、 1912年に描いた油彩画の 「三匹の動物」 ▼アクセス
スポンサーリンク