世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

ミシュラン2つ星レストラン「ローレンツ・アドロン・エスツィマー」

   


dsc09679夕暮れ時から夜となる時間帯に
ベルリンのブランデンブルク門を見ながら

食事ができそうな場所を探して
何気なく入ったのが、
こちらのレストラン。

大体、どのレストランも
テーブルの上にメニュー表が
置いてあり

サクッとチェックをして
良さそうだったら着席し
そうでなければ店を出るんですが

このレストランはメニューが
置いてありませんでした。

しかし、ブランデンブルク門周辺で
他に良さそうな場所がなかったので
この店に決めて着席。

しばらくするとスタッフがメニュー表を
持ってきたんですが、やたらと接客が丁寧。

すごい教育されているなぁ~
と思い感心したんですが

メニューを見て愕然としました!!

ね、値段が高い・・・

いつも行くようなところの
2倍以上の感じです。

何でこんなに高いんだ?

もしかしたら名店なのか?

と思って調べたら

ベルリンの迎賓館的名門ホテルの
1階に入っている

ミシュラン2つ星を獲得した
「ローレンツ・アドロン・エスツィマー」
というレストランである事が分かりました。

ど~りで

・接客が丁寧
・質の高い料理

なわけです。

軽めに食べて飲んでで
良かったんですが

エライ場違いなところに
来店してしまった感じ。

しかし、他にロケーション的に
良さそうな店がないので仕方ない。

ここだと本格的にガッツリと
食べる感じになりそうです。

dsc09680まずはワインをオーダー。

さすがミシュラン2つ星。

ボトルだけでなくグラスでも
何種類かワインがありましたが

選んだワインが自分の好みの
感じではなく、外れでしたね。

ドイツなのでビールにしておけば
良かった。

dsc09683ってことでビールもオーダー。

つまみもセットで出てくるし
やはりドイツはビールに限る。

dsc09682コース料理とかもあったけど
目的が休憩をしつつ

日が暮れるのを待って
ブランデンブルク門の

ライトアップを鑑賞できる
場所を探すことだったので

食事は1品だけにしました。

こういう系統の料理って
複雑な名前がついていて

解説が非常に難しいですが
一言で言ってしまえば
ステーキです。

dsc09684食後は、目の前のライトアップされた
ブランデンブルク門を撮影。

周りに明かりが少ないためか
真っ暗な闇の中にポツンと建ち

ライトアップされている
姿が綺麗です。

ちなみに昼間は署名サギなどの輩が
ウロウロしていましたが夜は皆無。

警官も警備していたし
個人的には昼間よりも夜の方が
治安が良い感じがしました。

ライトアップされてきれいだし
ブランデンブルク門は

夜の観光がオススメです。

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

アシャッフェンブルクの劇場

古い建物の多いアシャッフェンブルクの 旧市街エリアにおいて ガラス張りのモダンな …

カミーユ・コロー作のイタリアの秋の景色

フランスの画家である ジャン=バティスト・カミーユ・コローが、 (1796-18 …

神秘的なリンダーホーフ城

ルードヴィヒ2世が建てた 3つの城の中で 最も王が長く滞在したのが このリンダー …

ポルシェ 917 LHクーペ

製造年:1971年 エンジン:V12 排気量:4907c パワー:600PS 最 …

ドイツのレンタサイクル

フランクフルトの町をブラブラと歩いていたら ウサワ?のDBレンタサイクルを発見し …

エルンスト・ルートヴィヒ・キルヒナー「森に潜むカモメのハンター」

ドイツの画家である エルンスト・ルートヴィヒ・キルヒナー (1880-1938) …

ケルンの香水博物館

ケルンといえばオー・デ・コロン(ケルンの水) そんなケルンには1709年に 世界 …

BMWのエンジン M10

ドイツのメーカーであるBMWが 1966年から1967年にかけて 製造したエンジ …

アルトベロ・メローネ作の「噴水の水仙」

イタリアの画家である アルトベロ・メローネ (1490-1543)が、 1510 …

1974年式 メルセデスベンツ LP1513 ガソリン輸送トラック

1965年にメルセデスベンツは、 配送業者のニーズに応える形で、 悪路での走行も …