世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

クラクフの聖アンデレ教会

   


111世紀の終わり頃に

パラティン伯
ヴォイヴォデ・シェチェフ

により建てられた
ロマネスク様式の
聖アンデレ教会。

増改築を繰り返してきた教会で
12世紀末から13世紀初頭には

巨大な塔やバロック様式のドーム、
殿堂などが付け加えられました。

また、14世紀にはゴシック様式の
小礼拝堂が教会の横に
建設されています。

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ポーランド

スポンサード リンク

  関連記事

ワルシャワの人魚像

ポーランドの主都ワルシャワの 旧市街広場の中央に立つ 剣を振り上げる人魚像。 ち …

ワルシャワの洗礼者ヨハネ大聖堂

ポーランドの主都ワルシャワにある レンガ造りのファザードが印象的な 洗礼者ヨハネ …

ポーランド料理レストランのフォーク・ゴスポダ

ポーランドの主都ワルシャワにある 郷土料理を堪能できる フォーク・ゴスポダ。 民 …

ワルシャワのアダム・ミツキエヴィッチ像

ポーランドは、国に貢献した人を 銅像にする事が多いようで 旅をしていると、いろん …

ワルシャワのワジェンキ宮殿

ヨーロッパで最も美しい公園に 数えられるワルシャワの ワジェンキ公園。 この公園 …

日本語学科もあるワルシャワ大学

ポーランドの主都ワルシャワの 新世界通りにあるワルシャワ大学。 1816年にロシ …

ワルシャワの文化科学宮殿

社会主義時代のワルシャワを 代表する37階建ての高層ビル。 この建物はスターリン …

クラクフのバルバカン

この円形の砦は1498年に造られた バルバカンと呼ばれるものです。 クラクフには …

ワルシャワのウェスティンホテル

ワルシャワのウェスティンホテル。 エレベーターが印象的なホテルです。 ウェスティ …

アウシュヴィッツ強制収容所

人類負の遺産と言われる アウシュヴィッツ強制収容所。 日本のTVでもドキュメント …