世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

ワルシャワのキュリー夫人博物館

   


1ノーベル賞学者で有名な
キュリー夫人は、放射線の研究で

1903年にノーベル物理学賞
1911年にノーベル化学賞

を受賞しています。

ワルシャワには、彼女の軌跡を
収めたキュリー夫人博物館が
あります。

2ここは、もともとは彼女の生家でしたが、
現在は博物館として公開されていて、

夫人の研究に関する資料、写真、
所持品などが展示されています。

3キュリー夫人愛用のデスク。

4キュリー夫人の洋服。

5ペン。

6日本の蒔絵っぽい箱もあって
ビックリしました。

7素人には、何に使うのか
サッパリな器具が
たくさん展示されています。

地震計?

のわけないですね・・・・・・

8こういうの見ていると
学校の授業を思い出す。

1若き日のキュリー夫人と
アインシュタイン(右から3番目)

キュリー夫人とアインシュタインは、
よく交流があったようです。

キュリー夫人は論文を発表した
アインシュタインへ大学教職への
推薦状を書いたりもしました。

9年を重ねたキュリー夫人と
アインシュタイン。

こちらの方が、アインシュタインだと
分かりやすいですね。

10中学教師の末娘として生まれた
マリア・スクウォドフスカ
(キュリー夫人)ですが、

彼女は創意と努力の人であり、
強い愛国心を持っていたことで
知られています。


◆名言
・「特許を取っておけば、莫大な報酬が得られたはずなのに」という言葉に対して、
人生最大の報酬は知的活動によって得られる。

・チャンスは、それに備えている者に微笑むものだ。

・願うように、進歩することなどありません。

・どうして、特許を取らなかったのですか?
の問いに対して、そんなこと出来ますか、科学の精神に反します。

・この発明は、病気の治療に使えるものですよ。
病人の足元に付け込むなんて、私には出来ません。

・個人の改善なくして、社会の改革はありません。

・それ(ラジウム)はあそこにあるのに。
私には見えたのだから。

・自分の仕事の結果を最大限に利用して、
全体の人びとの幸福を忘れずに

自分自身の利益をも保持すると
言うような実際的な人間が、
人類にとって必要なのはいうまでもない。

・しかし、また利害を超越して、
ひとつの計画を展開することは、

きわめて魅力的であるために、
自分の物質的な利益に意をもちいては

いられないような夢想家も、
人類にとっては必要である。

・ただ一つの関心、ただ一つの夢の中に、私は生きました。

・わたしは、化学の美しさを認める者の一人です。

・希望とは、我々を成功に導く信仰です。

・すべての人には、幸せに生きる、使命があります。
だから、すべての人を幸せにする、義務があります。

・人事に携わる者の代わりは、幾らもいますが、
真理に携わる者の代わりは、多くはいません。

・人生の中で恐れるものなの1つもありません、
すべては 理解されるものです。

そして私達の恐れがより小さくなるように、
今、さらに理解を深めるときなのです。

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ポーランド

スポンサード リンク

  関連記事

日本語学科もあるワルシャワ大学

ポーランドの主都ワルシャワの 新世界通りにあるワルシャワ大学。 1816年にロシ …

ショパンの心臓が収められた聖十字架教会

ポーランドの主都ワルシャワにある ショパンの心臓が収められている 聖十字架教会。 …

クラクフの聖マリア教会

1222年に造られた 中央広場に面する ゴシック様式の 聖マリア教会。 遠くから …

ポーランドの主都ワルシャワのクラシンスキ宮殿

ポーランドの主都ワルシャワ にあるこの建物は 別名、ポーランド共和国宮殿 とも言 …

ワルシャワのワジェンキ宮殿

ヨーロッパで最も美しい公園に 数えられるワルシャワの ワジェンキ公園。 この公園 …

ポーランドの主都ワルシャワにあるバルバカン

ワルシャワにあるバルバカンと 呼ばれる円形の砦。 この場所が、旧市街と新市街の …

ジェラゾヴァ・ヴォラにあるショパンの生家

ここはジェラゾヴァ・ヴォラにある ポーランド出身の天才ピアニスト 「ショパン」 …

ポーランドの主都ワルシャワの聖アンナ教会

ワルシャワにある聖アンナ教会。 コリント式の柱を採用しています。 詳しい資料が見 …

ワルシャワの旧市街広場

ワルシャワ旧市街の 中心部である旧市街広場。 露天の画商やカフェなどが 立ち並ん …

ビルケナウ強制収容所

アウシュヴィッツ強制収容所から 少し離れたところにある ビルケナウ強制収容所。 …