世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

ハイデルベルクの聖霊教会

   


DSC00392ハイデルベルクのマルクト広場で
ひときわ目立つのがこちらの

「聖霊教会」

ここからでも尖塔が見えますが
高さは82mもあり上ることもできます。

この聖霊教会ですが、選帝侯ループレヒト3世が
1400年頃から建築を開始と言われていますが
完成したのは約150年後の1544年になります。

DSC00402教会の入口アーチの、
先が尖った部分を見れば一目瞭然。

この聖霊教会は
ゴシック様式になります。

DSC00398教会の中では、アートの展示が
されていました。

DSC00401ちょっと理解するのに難易度のある
シュールな柄のステンドグラス。

円を描くように立ってるのは
キリスト12使徒かな?

DSC00397この教会は政権を握る選帝侯の
方針により

カトリック派
プロテスタント派

と揺れ動き、紛争の原因とも
なりました。


思想の違いによる争いは
いつの世も絶えません。


時のヨハン・ウィルヘルムは
ハイデルベルクを再び


カトリック化


するように試みましたが


プロテスタント派


の反対に遭い断念。


仕方がないので、教会内に
壁を設けて両派分かれて
教会が使われることに
なりました。


その後、カール・フィリップにより
すべてのスペースをカトリック派が
使えるように壁を取っ払って
しまいましたが

カトリック
プロテスタント

の対立は続き、壁を
取っ払った事で全国の

カトリック派
プロテスタント派

の関心ごとにまで発展し


さらには!!


またも宗教戦争になる危機に
陥ってしまいます。

そのため結局は再び壁が設置され


カトリック派
プロテスタント派


が分けられて、教会の二分割が
続く方針となります。


なので!!


DSC00397現在、分割もされずに自由に
行き来できるこの光景は

宗教紛争当時では
考えられない光景と
言えるかもしれません。

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

電動ホイールハブモーター
ミュンヘンの新市庁舎とマリエン広場

多くの観光客が行き交い ミュンヘンの中心部とも言えるのが 新市庁舎のある、ここマ …

蒸気機関車 61 001 の鉄道模型

1930年代になって ドイツ国営鉄道は、 蒸気機関車の速度を 上げようとしました …

フォルクスワーゲン ビートル
ニュルンベルク交通博物館に展示されている1829年製の石炭車

ニュルンベルクは ドイツで初めて 1835年に鉄道が敷かれた 町という事もあり、 …

BMW F650ファンデューロ

ドイツのメーカーであるBMWが オンロードとオフロードの 両方を楽しめるモデルと …

ミュンヘンのBMWヴェルト

BMWといえばドイツの自動車メーカーですが 写真左側のシリンダー型の建物は、 ミ …

ミュンヘンを流れるイーザル川

ミュンヘンの街には中心部の 少し外れに川が流れていますが この川は オーストリア …

ヴュルツブルクのマリエンカペレ

ヴュルツブルクのマルクト広場に 面する形で建っているのは 「マリエンカペレ」 と …

カピトール丘の聖母マリア教会

ケルン市内で最大のロマネスク様式の 教会である聖母マリア教会。 690年からの歴 …