世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

レンブラント作の「サムソンの失明」

   


オランダの画家である
レンブラント(1606-1669)が、

1636年に描いた作品の
「サムソンの失明」

旧約聖書に記される
サムソンの物語は

数多くのアーティストが
手掛けるテーマです。

40年もの間、ペリシテ人に
よって支配されていた

イスラエルで生まれたのが
怪力を持つ勇者サムソン。

サムソンはペリシテなどから
イスラエルを救う先駆者と
なりましたが、

ペリシテ人の娼婦デリラと
恋仲となり、

怪力の源が髪の毛で
あることを教えてしまい

ペリシテ人に捕まり
頭髪を切られ、

力を失ったサムソンが
両目を潰される場面が

レンブラントの作品に
描かれています。

作中には数名の
ペリシテ人や

サムソンの
頭髪を手にして

逃走する娼婦デリラの
姿があります。

美術館は1905年に
この作品を入手し
現在に至ります。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

BRM P160
BMW ウイリアムズ FW23
ポルシェ ケイマン ハイブリッド プロトタイプ
サンスーシ宮殿のマイセンの花瓶

元々は宮殿のテラスに 置かれていたマイセンの花瓶。 7年戦争中にフリードリヒが …

インディアン エース
ハンブルクのツォル運河にかかるブロークス橋

ハンブルクには数多くの 運河があるため それに比例する形で 数多くの橋を見かけま …

リューデスハイムのレストラン「Drosselmüller」
フランクフルト通信博物館

屋根に取り付けられた 巨大なアンテナなど、 特徴的な部分が多い デザインの建物で …

シャルロッテンブルク宮殿の青いサテンの間

この青いサテンの間は、 フリードリヒI世の時代、 彼の部屋へと繋がる エントラン …

1915年式 メルセデス DIII 航空機エンジン