世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

レンブラント作の「サムソンの失明」

   


オランダの画家である
レンブラント(1606-1669)が、

1636年に描いた作品の
「サムソンの失明」

旧約聖書に記される
サムソンの物語は

数多くのアーティストが
手掛けるテーマです。

40年もの間、ペリシテ人に
よって支配されていた

イスラエルで生まれたのが
怪力を持つ勇者サムソン。

サムソンはペリシテなどから
イスラエルを救う先駆者と
なりましたが、

ペリシテ人の娼婦デリラと
恋仲となり、

怪力の源が髪の毛で
あることを教えてしまい

ペリシテ人に捕まり
頭髪を切られ、

力を失ったサムソンが
両目を潰される場面が

レンブラントの作品に
描かれています。

作中には数名の
ペリシテ人や

サムソンの
頭髪を手にして

逃走する娼婦デリラの
姿があります。

美術館は1905年に
この作品を入手し
現在に至ります。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

エルンスト・ルートヴィヒ・キルヒナー「森に潜むカモメのハンター」
ツヴィンガー宮殿のアルテ・マイスター絵画館

ドレスデンのツヴィンガー宮殿内にある アルテ・マイスター絵画館は ラファエロ フ …

マインツのザンクト・シュテファン教会

こちらは、マインツの町の小高い場所に 位置するザンクト・シュテファン教会。 見て …

ヴィンチェンツォ・カテーナ作の「書斎の聖ジェローム」
ドラッグスターマシン Wildente
カール・ホーファー作の「盲目の男性と女性」
クロード・モネ作の昼食
BMW 328 ツーリングクーペ
マイセンのエアフルト店

ドイツを代表する 陶磁器のマイセン。 日本はもちろん 世界中に輸出される 有名ブ …

リオネッロ・バレストリエリ作の「ベートーヴェン」