世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

ロベルト・カンピン作の「三位一体」

   


初期フランドル派の画家である
ロベルト・カンピン
(1378/79年-1444/45年)が、

1428年-1430年に描いたと
言われている「三位一体」。

初期フランドル派最初の
偉大な画家と称され

フレマールの画家という
異名もあるカンピンですが、

間違いなくカンピンの作品で
あるといえるものは

実際には一つもないのが
現実であり、

長年に渡り議論の的に
なっています。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

エルンスト・ルートヴィヒ・キルヒナー作の「花とミュラーの頭」
ヘロン スズキ
メルセデスベンツ 540K
クーデルの三輪車
フランクフルトの聖母教会
ケルンの聖アルバン教会

現在は廃墟となっており 柵が設置されて 中に入る事ができない 聖アルバン教会。 …

フランクフルトのアイゼルナーシュテグ(鉄の橋)

フランクフルトの町に流れる マイン川に架かる橋の アイゼルナーシュテグ(鉄の橋) …

マイセン磁器工場と磁器博物館

マイセンの窯印がついた マイセン磁器工場。 1階はマイセンの見学用工場があり 2 …

ヒエロニムス・ボス作の「この人を見よ」
オペル スーパー6