世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

ロベルト・カンピン作の「三位一体」

   


初期フランドル派の画家である
ロベルト・カンピン
(1378/79年-1444/45年)が、

1428年-1430年に描いたと
言われている「三位一体」。

初期フランドル派最初の
偉大な画家と称され

フレマールの画家という
異名もあるカンピンですが、

間違いなくカンピンの作品で
あるといえるものは

実際には一つもないのが
現実であり、

長年に渡り議論の的に
なっています。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

エミール・ノルデ作の「地下世界のキリスト」
エルンスト・ルートヴィヒ・キルヒナー作の「花とミュラーの頭」
ノーバート・バン・ブルーメン作の「田舎の宴会」
BRM P160
PAK 3.7cm
レアル グランプリレーサーマシン
ヴェッツラーの戦争記念碑

献花が絶えない こちらの場所ですが、 第二次世界大戦の 犠牲者に対する 慰霊碑に …

ポンティアック ファイヤーバード
ポルシェ 944 カブリオレ
1902年式 メルセデス シンプレックス 40PS