世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

ロヒール・ファン・デル・ウェイデン作の「聖母マリア」

   


初期フランドル派の画家である
ロヒール・ファン・デル・ウェイデン
(1399/1400-1464)が、

1453-1460年に描いた
「聖母マリア」

画家についての詳細ですが、
1695年と1940年に

当時の記録文書が
失われてしまったため、

18世紀半ばには
ほとんど忘れられたものの、

当時、最も成功した画家で
国際的にも評価されていた事もあり、

現存する作品について
徐々に再評価が進み、

今日では、フランドルを
代表する三大巨匠と
言わるようにまでなりました。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

オシップ・ザッキンの彫刻作品「ひざまずく」
ポルシェ 911 GT3 RS
ダルムシュタットの画家作の「救世主」
ポルシェ 911 カレラ4
ハンブルク市庁舎
ウルティマ タイプEB 1064
フェリックス・ヴァロットン作の裸婦画
ミュンヘンのマクシミリアン通り

こちらはミュンヘンのマクシミリアン通り にある日本でもお馴染みの ルイ・ヴィトン …

セザンヌ作のロッキー山脈の山道と木
ポルシェ 917 KHクーペ