世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

ロヒール・ファン・デル・ウェイデン作の「聖母マリア」

   


初期フランドル派の画家である
ロヒール・ファン・デル・ウェイデン
(1399/1400-1464)が、

1453-1460年に描いた
「聖母マリア」

画家についての詳細ですが、
1695年と1940年に

当時の記録文書が
失われてしまったため、

18世紀半ばには
ほとんど忘れられたものの、

当時、最も成功した画家で
国際的にも評価されていた事もあり、

現存する作品について
徐々に再評価が進み、

今日では、フランドルを
代表する三大巨匠と
言わるようにまでなりました。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

インディアンスカウト 37 バイク
ポルシェ 914/8
フリードリヒ・オーファーベック作の「芸術における信仰の勝利」
フッセンのアルプ湖

夏はハイキング 冬はスキーなど 一年を通じて楽しめる ドイツのフッセン。 こちら …

シャルロッテンブルク宮殿の鏡張りの部屋

初代プロイセン国王 フリードリヒ1世の妃、 ゾフィー・シャルロッテの 夏の別荘で …

ヤーコブ・ヨルダーンス作の「マグダラのマリアの誘惑」
ミルテンベルクのマルクト広場

ミルテンベルクの旧市街の 中心部にあるマルクト広場。 周囲は歴史ある建物で 囲ま …

ダニエル・ホドヴィエツキ作の「ホームレッスン」「農民学校 」
コルネリス・ド・ヘーム作の「野菜や果物のある静物画」
ホーファールト・フリンク作の「紳士の肖像画」