世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

ロヒール・ファン・デル・ウェイデン作の「聖母マリア」

   


初期フランドル派の画家である
ロヒール・ファン・デル・ウェイデン
(1399/1400-1464)が、

1453-1460年に描いた
「聖母マリア」

画家についての詳細ですが、
1695年と1940年に

当時の記録文書が
失われてしまったため、

18世紀半ばには
ほとんど忘れられたものの、

当時、最も成功した画家で
国際的にも評価されていた事もあり、

現存する作品について
徐々に再評価が進み、

今日では、フランドルを
代表する三大巨匠と
言わるようにまでなりました。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

高速機関車 05 001

製造年:1935年 製造者:Borsig 最高速:175km/h 全 長:262 …

BMWのバイク R68

1952年から1954年にかけて 1452台が生産された BMW R68。 59 …

マックス・リーバーマン作のアムステルダム孤児院の自由時間

ドイツの画家である マックス・リーバーマンが、 (1847-1935) 1881 …

タウナスホフ・イトシュタイン

1607年に建てられ、 1994年に復元された 建物を利用した レストラン&ホテ …

ミルテンベルクの聖ヤコブ教会

13世紀に建てられたのが 始まりの聖ヤコブ教会。 その後、何度も増改築が 行われ …

ウィルヘルム・フレディー作の「祖国のために」

デンマークの画家である ウィルヘルム・フレディー (1909-1995)が、 1 …

シャルロッテンブルク宮殿の謁見の間

王様が重要なゲストを 向かい入れるための 謁見の間。 ・肘掛け付きの椅子 ・肘掛 …

ツヴィンガー宮殿の陶磁器コレクション

ツヴィンガー宮殿内には、 3つの博物館がありますが ここは陶磁器コレクション館に …

ポルシェ904 カレラ GTS

製造年:1964年 エンジン:水平8気筒 排気量:1966cc パワー:240P …

デュッセルドルフの市庁舎

レンガ色で重厚な雰囲気のある デュッセルドルフの市庁舎。 市庁舎の歴史は1570 …