世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

ロヒール・ファン・デル・ウェイデン作の「聖母マリア」

   


初期フランドル派の画家である
ロヒール・ファン・デル・ウェイデン
(1399/1400-1464)が、

1453-1460年に描いた
「聖母マリア」

画家についての詳細ですが、
1695年と1940年に

当時の記録文書が
失われてしまったため、

18世紀半ばには
ほとんど忘れられたものの、

当時、最も成功した画家で
国際的にも評価されていた事もあり、

現存する作品について
徐々に再評価が進み、

今日では、フランドルを
代表する三大巨匠と
言わるようにまでなりました。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

カール・エンゲル・フォン・デア・ラベナウ作の「村の池で子供の面倒を見る母親」
ハンブルクのレストラン「オールド・コマーシアル・ルーム」
ハイデルベルク城の牢獄塔(ゼルテンレーア)

手前の右側。 一部が崩れた円塔の建物が ありますよね。 これは 「牢獄塔」 とい …

ダイムラーの鉄道用ハンドカー
サンスーシ宮殿のマイセンの花瓶

元々は宮殿のテラスに 置かれていたマイセンの花瓶。 7年戦争中にフリードリヒが …

女性が描かれたレキュトス

紀元前4世紀から2世紀のものと 考えられているレキュトス。 レキュトスは油の貯蔵 …

ヴォルムスの噴水「ジークフリートブルネン」
ニュルンベルクのハイリヒ・ガイスト・シュピタール

ニュルンベルクの町には、ご覧のように ペグニッツ川が流れています。 そのペグニッ …

ウィリアムズ FW14
リューデスハイムのワイン専門店「プロストワインハンデル」

日本人のスタッフが 働いているため 日本語の案内版があるなど 日本語の通じるワイ …